起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

写真撮影

写真撮影でルール守れない方のお情け頂戴は「お断りします!」

写真撮影について、特に初申込者は支払期限など、ルールが守れないのは、容赦なく断ります。実際にあった不届きな方の実例を。

人生初のコミケ参加!撮影なら、防災公園がオススメ!! 〜コスプレイヤー写真あり〜

年に2回開催される祭典「コミックマーケット(コミケ)」コスプレイヤー撮影目的なら防災公園がオススメ!

イベント撮影で「後出しジャンケンで掲載NG指示」されるのは困ります!

イベント撮影で掲載NGの指示をするなら、撮影時までに事前に言うことで、後がラクになるという話。

ボランティア撮影、時によっては実験しながら撮影しています!

無償ボランティア撮影は、基本諸条件を了承した場合に限って受けている。 受ける理由は知名度アップは当然だが、あらゆることを目論みながらの撮影であるという話。

イベント主催者様へ「無料での写真撮影依頼、二度としないで下さい!」

先日あった無料撮影の依頼に関して白紙となったが、私の感じる無料撮影の考え方のお話。

3年で100件以上撮影した、あるプロフィールカメラマンの告白

大前提として、そもそも第三者からあなたにカメラ向けられて「緊張しない」という人は、まずいない。そんな中第三者に対しての声の掛け方とは?

納品のルールはシンプル「納品終わったら、責任はそこで終わる」

納品の基本ルールは「納品が終わったら、納品する側の責任はそこで完了」である。 では、データ納品の場合はどこまでが責任なのか?という話。

打ち合わせのない写真撮影は「100%ハズレ」を招く!

どんなに優れたカメラマン(フォトグラファー)でも、ある大切なことをやらなかったら、100%ハズレになるというポイントがある。 ここは抑えておきましょう!という話。

復活の時がやってきました! 〜写真撮影をはじめたきっかけ 最終回〜

デジタル一眼レフが店頭に多く出てきて、 ここで思ったことは「購入して、写真撮影を復活してやる!」であった。 そんな中、無事復活への軌跡。

YOSAKOIソーランチーム公式撮影で痛恨の撮影ミス!? 〜写真撮影を始めたきっかけ3〜

撮影機材がない中、地元のYOSAKOIソーランチームの撮影する機会を頂いた。 そんな中、ピンチな出来事とは?

実力、知名度が上がるも、写真を止めました 〜写真撮影を始めたきっかけ2〜

実績や実力は上がるも、趣味で行うにも限界が生じ、写真を止めた背景とは。

1991年にカメラマンとしてデビューしました! 〜写真撮影を始めたきっかけ〜

私の写真撮影をビジネスとして活動をはじめたきっかけです。

写真撮影でビジネス始めるには、まず必要最低限の装備から始めよう!

写真撮影でビジネス始めるには、まず最低限の装備で十分である。 時々レンズを買い揃えないとビジネスできないという方がいるが、そうではないよという話。

私の写真撮影は「返金保証」をしない3つの理由とリスク

基本、私の写真撮影では「技術的理由による返金保証」はしてません! 返金しない理由は次の3つである。

プロフィール写真撮影で、当日キャッシュレスを行う3つの理由

私の写真撮影は基本「当日キャッシュレス」で行なっている。そうすることで良い理由とメリットについてのお話。

災害後に出てくる、空気の読まない「ウジ虫カメラマンは消えてくれ!」

大地震など少し落ち着くと出てくるカメラマンだが、最低限のモラルを持って欲しい。自己中心的に撮るのであれば消えろと言う話。

私の「写真撮影について9つの違い」 〜同業者と何が違うか?〜

「好きを仕事に」をモットーのかさこ塾長であるかさこさんが 【同業者と何が違うか書いてみよう】ということでFacebook内でネタ振りしていたので、早速書いてみました。

「フィルムとデジタル写真」やっていることは違うようで同じである

「フィルムとデジタル写真」一見すると全く違う、異次元的な話と思いがちであるが、手順を整頓すると実は全く同じという話。

「ふざけているお客様」はうちの写真撮影利用しないで下さい

写真撮影において、前払制として代金を頂いている。これに至った背景と、考え方やスタンスについて書いた話。

「専門外のため写真撮影の依頼を断ること」は信用につながる理由とは?

仕事の依頼を受けるということは、相応の技術と責任が伴う。 ここで専門外の依頼が入ってきた時は断ってしまおう。どうしてその方が信用につながるのかという話。