起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

生命保険

もし保険営業がやってきた時にぜひこの断り文句をぶつけてみてみよう!

あなたの職場で保険営業がやってきたら、ぜひやってみると良い断り文句はこちら!

これはやめよう! カフェでの生命保険営業は、お客様にとって「公開処刑」の場である!

生命保険の営業はプライバシーを大切にするべきである。ダダ漏れしやすいカフェなどは避けるべきである!

「ガンになりそうだから生命保険に入りたい!?」入れるわけねぇやろ! ヴォケ!

保険はあくまでも「リスク対策する保険」であり、リスクを承知で入れるわけがない!

プライベートなことを大きな声で話す生命保険の営業マンは即離れろ!

スタバはじめ、あらゆるカフェに行くが、時々、生命保険の営業を見かける。 そんな中、これはやってはならない営業とは何か?

「なぜ生命保険の営業セールスは嫌われるのか?」と「7つの回避法」

生命保険のセールスほど鬱陶しいものはないし、嫌う人が多い。 反面、保険会社は契約を増やしたいという思いでいっぱい。 保険営業経験者が思う嫌う理由と生命保険の回避法の話。

「ニードのないセールス」をしたヴァカ生保営業ウーマン

本来のセールスは「相手のニードを満たすこと」である。しかし「ニードのないセールス」ほど、お客様は不快感を抱き、信用されないという、あるヴァカ保険営業セールスの話。