起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

Facebookのお誕生日機能をうまく活用する3つのポイント

Facebookをログインすると、毎日登録した友人の誕生日情報が入ってくる。
(特にパソコンだと、目の前に出る)

この機能はある意味便利だけど、逆に拷問と化することも・・・

 

拷問と化する多くの人はメッセージやコメントを

「全員に返信しなければならない・・・」

という義務感。

特に友人登録者数が多ければ多いほど、量も多くなる。

とはいえ、誕生日というイベントだけで
時間を費やされたり、ストレスを抱えるというのは、本末転倒である。

 

私も今までは
「タイムライン投稿」や「ダイレクトメッセージ」という方法も使っていたが、
結局メッセージを受ける範囲が広すぎて、返信に時間がかかった・・・

更にはメッセージだと、
一挙に埋まって肝心の用事が埋もれてしまうことも・・・

私もいろいろ考えてみたが、今年入れた3つの方法は・・・

 

・誕生日は表示させない(期間を決めて設定するでも可)

これによって、他の方がFacebookログインしても、
相手のフィードに誕生日情報が出ないので、特定されない。

 

・タイムラインに誕生日の近況などを投稿し、コメントのみにする

これによって、
タイムラインのダイレクト投稿やメッセージからのダイレクト送信は回避できる。
*ちなみに完全回避したいという方は、何も投稿しないで放置が懸命。

 

・誕生日と無関係の投稿で誕生日メッセージが投稿された際は、すぐ友人解除

ストレートに「空気読めヴォケ」の一言。
ていうか、やった人はよほどのヴァカw

 

この3つをやってみた。

あと、返信については、簡単にする。
(ノーレスポンスでリアクションのみという方法も有効かと)

同時に、これによって、
本当につながりのある人はリアクションやコメントが届くが、
大したことない人は届かなくなりやすい。

 

ちなみに友人登録した人で誕生日を迎えた時は・・・

タイムライン投稿可能な方は、一言メッセージを送っている。
ダイレクトメッセージの場合は、タイムラインの状況を見て判断(しない場合もあり)

ただ、これについては賛否あるのは承知の上。
なので、私の中では「ノーレスポンスでもいい」という考え方である。

 

誕生日メッセージで鬱陶しいと感じた際はぜひやってみてほしい。