起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

毎年慌てて確定申告集計するスットボケ「個人事業主・起業家」へ事前準備のススメ

2月中旬から確定申告のシーズン到来です!

この時期から準備しておかないと、
あっという間に「申告期限ギリギリ」という憂き目に遭い、
夜を徹して集計作業という超絶最悪の展開になってしまうのでご注意を・・・

 

Facebookなどで、私の周りの個人事業主・起業家が多くいる。

中に、税理士に確定申告を依頼しない人は、
恒例行事のように
「レシート集計などあたふたして申告ギリギリだった」
と焦っている方が毎年必ず見受ける。

 

こういう人は

「あんたヴァッカー!」

・・・と言いたいところだが、
そろそろパターンを変えようとツッコまずにはいられないのも確か。

 

そんな私はどうかというと・・・

「レシート整頓、本日1月10日に集計完了しました〜!!」

 

残すは源泉徴収票(支払調書)が届けばすぐ申告できます!
毎年確定申告やっているが、こういうことは早く済ませてしまおうという考えです。

ていうか、うち写真撮影やっているので、
「確定申告作業のために撮影休業」という理由はちょっと切ないので。

 

もし、「いま現在何もやっていない!」というあなたは、
先に3つの準備整頓をしておきましょう!

 

・レシート、領収書は「年月日順に並べる」

これは必須事項!
レシート、領収書を年月日順に並べ、月ごとに封筒などに入れておくことで、
作業が格段とやりやすくなり、あとはエクセルなどで計算できます!

 

・レシートで「余計な部分を切り取る」

レシートで必要な情報は「年月日」「金額」「支払相手先」である。
最近、レシートには余計なクーポンやキャンペーン情報などが出て、
場合によってはレシート自体が長くなり保管が面倒になる。
ついでにいうと、
お財布にレシート入れている人は、すぐにかさばるので財布も大変になりまっせ^^

なので、必ず私は余計な部分は適宜切り取り、保管もスマートにする。

 

・「電車のICカード」「通帳」「カード明細」を揃えて、使途を明確に確認する

レシートの支払は現金決済がほとんど。
これ以外に通帳やカードの明細を揃えておき、この時点で何に使ったかをメモ(把握)しておく。

 

これであとは集計することだけに集中するだけです。

 

エクセル集計が一番基本的な方法であるが、これ以外の方法としては
「会計ソフト(アプリ)」を入れて集計というのも有効です!
(使いやすいかどうかなどは個人差によるのでここではオススメソフトは割愛する)

ちなみに私は、昨年分の申告までエクセルメインでしたが、
今年からはiPhoneアプリを使って適宜入力します。

 

ということで、
毎年3月ギリギリで申告をやっている人は、今からさっさと進めてしまいましょう!
ギリギリになって税理士に確定申告をお願いしようとしても、引き受けてくれず
あなたが後悔しても、誰も責任は持てないので・・・