起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

西野氏の成人式イベントを当時あった番組「料理の鉄人」に置き換えてみた

成人式当日、晴れ着業者「はれのひ」が倒産し、
当日予約していた新成人が多数被害にあった。

もちろん、この業者自体は相応に厳しく罰すべきことである。
従業員も給料未払で、労働基準監督署からも何度か指導など受けていた模様。

 

これに伴って、ボランティアで成人式イベントを行うという動きが出た。

主に話題になっているのが、

八王子市の市民有志ボランティアと、
キングコングの西野氏である。

真っ先に出て着たのが八王子市であるが、
その後、西野氏が出てきた。

 

(参考)
サンケイスポーツより
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000001-sanspo-ent

 

これについて、
上手い言い方はできないが、違うものに置き換えてみた。

それは、当時テレビ放映された料理バトル番組「料理の鉄人」である。

この番組は、料理の鉄人(著名な料理人)と挑戦者が
一つの食材をテーマにしたバトルを繰り広げ、
審査員がジャッジするという内容。

ほとんどがこの内容であるが、何度か

「鉄人」vs「家庭料理」

という企画があった。
私の記憶が確かならば、
この結果はすべて「家庭料理」が勝った。

ここで感じたのは、
どんなに鉄人が素晴らしい料理を作っても
家庭料理にかなうものはない。
これに尽きる。

この話を今回の成人式に置き換えるなら、
「西野氏(横浜)」VS「八王子市民有志ボランティア」の
成人式イベントな気がする。
(そもそもバトルではないというツッコミは想定されるが、
あえてそういう書き方します)

 

もう一つ違うネタであるが、
大事マンブラザーズバンドの「それが大事」の歌詞を読んでほしい。

http://j-lyric.net/artist/a002148/l005040.html

「高価なニットをあげるより
下手でも手で編んだ方が美しい」 

 

という歌詞があるが、今回の一件はこれに尽きる。

高価なニット : 西野氏
手で編む   : 八王子市民有志ボランティア

と言い換えると良いかと。

 

まず西野氏は
「豪華さ」や「資金面」「知名度」でいうと
明らかだが、残念なことに「俺がやってやる!」感が強く、
シェアする気になれなかった。
もう一つは、横浜市の新成人はメインであるが、
それ以外でもいいという、門戸の広すぎた対応である。
横浜市に縁やゆかりのある人がやってほしいという気持ち。
(他にもレターポッド広げたいとか、
アメブロに変わったからという話も出てるが、
ここではスルー)

 

一方、八王子市の市民有志ボランティアは、
西野さんと比べ「豪華さ」や「資金面」「知名度」では
到底弱い。

しかし、大切なことはここから。
「人との繋がり」や、「手作り感」でいうと
西野さんよりダントツに強い!

これは引けを取らないほどで、むしろ私は
八王子市側の企画をシェアしたいという気持ちになった。

 

新成人でこの成人式に関心を持っている人が多いと思われるが、
選ぶのは本人の自由である。
ただ、あなたの価値観と同時に、
どういう目的やウラがあるかをよく観察して選んでほしいところ。

そんなことを思ったのであった。