起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

農水省のWord化だけではない、公務員は素早い処理を行うべき!

農水省のWord化について、
ふと思ったことを。

 

文書作成、ワードに統一=効率化で働き方改革-農水省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011300400&g=pol

 

 

 

何を今更で、
「はっきりいって、おっせーよ!ヴォケ!」
が本音。

むしろ、
「あんたらキャリア官僚なの!?」
と疑いたいほど。

私は元公務員で
当時の防衛庁事務官だったが、
自衛隊では、Word95当時から、徐々に浸透し、
いまは当たり前に使っている。

 

効率化や働き方改革や、
スマホでうんたらとかいっているけど、
本省は国外のやりとりなんざ、
昨日今日の話ではなく、
ずっと昔っから当たり前にやっとるやん。

それで一太郎というのは
「何を寝言言ってるんじゃヴォケ」
って言いたい。

一太郎は、確かに便利だけど、グローバルスタンダードという意味では弱い。
純国産ソフトなので。

そんなこと言うなら
Office95の時点から移行しろって。
何を脳天気な理由を述べて
格好良くドヤ顔で発表してるの?

おそらく
「要望するも予算が取れなかった」
など他の要因もあるだろうし、
事情はわかる。

 

ただ、農水省は
格好良く理由を言ったつもりになっているが、
世間は「単なるヴァカ」としか思われてないで。

もし、
若い世代の人たちの意見を無視し、
慣例主義でやっている官僚は
全員ナイアガラの滝で滝行し反省しろって。
(命の保証はしないが・・・)

 

いまは
農水省に限らず各省庁は、
あらゆることに対して
スピード処理が求められている。

今後、場合によっては
法律改正も数年規模ではなく、
1年で決めてしまうくらいの動きで
事務処理が必要になるかと思うほど。

 

公務員の基本は、
予算取得、大規模の要望などは
数年前からやっている。

こういう作業は
積極的に電子化していくなど、
早くやっていかないと、
要望が通った頃には
すでに陳腐化するものだから。

キャリア官僚は、
論理的なことを考えるのは
超エリートなはずなんだから、
今度は時代の流れをよく汲み取って
スピード処理を心かげろって。

 

そして、
慣例主義でやっている上司に
ドロップキック浴びせるくらいの気概で
やってほしい。
(本当にやったら不祥事になるので、
絶対にやらないようにw)

以上思ったこと。