起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

プロフィールで肩書きなど略すことは、相手にマイナスを与えるだけである!

一般的なところで略するのは別にいいが、
プロフィールで略するのはアウト!!

 

最近略語が多くなっている。
簡単にいうと「言葉を略する」ことである。

これは普段、しゃべって話しているときは、
多く使っているはず。

もちろん、わかる人同士であれば、
略することは問題自体ない。

 

しかし、知らない第三者が見る
プロフィールの世界となると
「話は180度ガラッと変わる!!」
のである。

 

・まず、プロフィールとは何か?

「プロフィールとは、
相手に伝える手段(ツール)である!」

具体的に、
関心あるターゲットに対して伝える手段。

ここで、
肩書きや学校名など略してしまうと、
相手側にとっては
「え?これって何?」と思ってしまう。

詐称は当然アウトである。
ただ、誤解を招く書き方も、
相手はドン引きし、場合によっては信用がガタ落ちになる。

 

・たとえば「3つの略語」から考えてみる

たとえばであるが
「これではないか?」
という名称を列記してみた・・・

 

・東大卒
東京大学卒、東北大学卒、東海大学卒
など

・FP
ファイナンシャルプランナー、フードプロセッサー、
フットボールプレイヤー
など

・イケメン
イケてるメンズ、イケてないメンズ

 

最後は「こじつけだ!」というツッコミもあるかと思うが、
私が言いたいことは一つ。

要は
「略すと、あらゆるネタが出てくる」
ってこと。

 

・プロフィールの基本は?

プロフィールは基本、
不特定多数が見ることがほとんど。

なので、
知らない人が見てもわかる内容で、
相手が思う「疑問」を少なくするのが大前提。

もちろん、
同業(類似含む)関係のみという場合もある。
この場合は通用すると思われるので、
略しても問題ないと思う。

あくまでも、
「略語を使わない方がいいのは、
知らない第三者に向けて発信する場合」
だから。

 

・略することで起こる問題点

余計な説明を減らしたいため、
プロフィール作っているはず。

しかし、略した言葉に、
質問があったら「わざわざ説明する」という
意味不明な矛盾が起こる。

 

 

プロフィール作成の際、文字数も重要であるが、
「決まった文字数をいかにしてわかりやすく書くか?」
ということを考え、作ることをお勧めする。