起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

発信するなら相応の覚悟を持って行うべし

ちょっと雑記で、内容的に日記調になってます。
考え事に近い内容です。

何でもそうだが、発信する以上、
発信者責任が伴う。

どんな立場であろうと、これは共通。

 

ブログなど、ありふれた書き方すると、
無難な内容で反感を買うこともほどんどないが、
相手には何も響かない。

しかし、
ちょっと書き方変えて、少し本音などを混ぜると、
相手に響くが、逆に反感も買う。

 

ぶっちゃけた話、
ブログは、記事の編集次第でどうにもなる。

もちろん、
言いたい内容が180度変わっていない限り。
(水面下でスクショ撮っていなければノーダメージ)

アクセスが少ない限りはダメージは少ないが、
増えていくにつれて、あらゆる価値観の人が見にくる。
これによって、反対意見や批判誹謗の出る確率は増す。

 

しかし、
プレゼンテーションで発信したとなると話は別で、
「発信した内容が、あなたのイメージ」になる。

さらには、

「プレゼンやり直します!」

ということもできない。

 

仮に、相手から頼まれたとしても、
周りの人から言わせると、

「そんな諸事情は関係ないし、どうでもいい。
あなたが発信したんでしょ!?」

となる。

それを受けた以上は、誰でもないあなたの責任。
場合によっては、違法行為の加担になる。

知らんかったでは済まされない。

そこは意識すべきだと思うし、
私も気をつけることである。

 

もちろん、
言いたいニュアンスが違う風に取られたとしても、
結局はあなたの責任である。

 

発信の際、これを知っておかないと、
後々面倒になるし、
今後恐怖感のあまり発信ができなくなる。

最悪の場合、炎上したとしても、
火消し自体が困難になり、
場合によっては炎上の規模が増す。

著名人の炎上は皮肉にも、とってもわかりやすい。

また、ブログやプレゼンにしても、
発信する際の価値観や考え方、前提など、
自分自身で明確にしておくことで、
反論をスルーするという力が身につく。

そんなことを思った。