起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

確定申告コーナー作るのおっせーよ!税務署はそういう「お花畑の発想」を変えてくれ!

慣例主義でやる官公庁のヴォケ連中に辟易としている。

 

先日、所轄税務署からハガキが届き、

「確定申告書作成会場は、2月13日から開設します!」

という内容で届いた。

 

まあ、確かに
「2月15日から確定申告が開始」される
ということで、言いたいのはわかる。

 

それでも言いたい。

 

そろそろ
国税庁、税務署も「お花畑の発想」を変えたら!?

こんな半端な日に、
確定申告期間を設定しなくても、
「1月上旬から3月15日まで」
やればいいじゃん!?

てか、そもそも

確定申告自体を
「2月15日からにしなければならない理由」
って何?

ぶっちゃけ、書類揃ったらいつでもできるやん。

 

決定的な理由があるならわかるが、
所詮「行政にとって都合の良い言い訳」でしょ!?

法律的都合だとしても、そんな法律変えれってw
そういう法律に対して疑義を持って、
変えるのも官僚の仕事だろって。

 

毎回、会場は大混雑というのを繰り返しして、
何も思わんのかねぇ!?

競争率の高い試験を合格したエリート集団のはずなのに、
そういうオペレーティングに関して、
何も疑問を持たないのかな・・・?

 

で、他に
会場に出向かない方法として、e-tax(電子申告)がある。
確かに便利だが、これについてもあえて言いたい。

そんなに電子申告を推し進めたいんなら・・・

「Windows」「MacOS」は
最新バージョン対応可能にしろ!

そして、
タブレットも対応可能にしろ!

そんなトレンドも掴めないで
「電子申告やりましょう」って、
何ヴォケたこと言ってるの!?

と本気で思う。

 

「還付に伴う確定申告は1月から可能」だけど、
知っている人はまだまだ限られているし、
これをもっと多くの人に知ってもらうだけで、かなり違う。

これについてもっと言うなら、
1月から所得税すべての確定申告が可能になるだけで、
混雑が分散されるってことを考えてない。

 

結局、還付確定申告のことを知らないために、
わざわざ2月15日から行列を作って、
数時間かけて作業するという、意味不明なことが起こる。

 

まあ、
「非常勤の人件費」「コンピューターの設置費用」を
浮かすという意味では有効かもしれんが、
所詮問題ってそれだけでは?

場所なんざ、税務署に限らず、
役所にも電子申告専用コーナー作って
サポート要員として、
税務署の職員と非常勤を派遣すればいいじゃんと思うし。
(必要あらば法律変えてでも)

 

言いたいことはそれだけ。

 

<余談>

私は還付確定申告だったので、
「web上の確定申告作成コーナー」で作成し、
神対応ならぬ、
紙対応で、時間外収受箱に提出しました。

Macで申告するにも、持っているカードリーダーが、
マイナンバーカード非対応機種だった・・・