起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

(貸与制)奨学金は、いますぐ「学資ローン」として名称変更しろ!

「『(貸与制)奨学金』を『学資ローン』に名称変更しろ!」
と叫びたい。

なぜなら、そっちの方がずっと借りている人は
「あ、お金借りているんだ」と身にしみるから。

もちろん貸借書類などの整備もあるが、
まずはとにかく名称を変えるべし。

変えるのはすぐできるはず。
(印刷物などは別にして)

なんちゃら学生支援機構がやっているようだが、
柔軟な頭を、あなた達が持て!ヴォケ!

 

そして給付制(返済不要)の奨学金だけ、
「奨学金」と扱った方がずっと良い。

 

(貸与制)奨学金といっても、結局は
「『借金』という名を格好良く言っているだけ。」であって、
それ以上でもそれ以下でもない。

誰がなんと言おうと「借金」である。

 

そもそも「奨学金」という意味は何か?

1 すぐれた学術研究を助けるため、研究者に与えられる金。
2 奨学制度で、貸与または給付される学資金。
(デジタル大辞泉より)

ということである。
(今回の記事でいうと、2番に該当する。)

ところが、あらゆるニュースで、
(貸与制)奨学金の返済問題について取り上げられている。

いまの世の中の風潮や就職事情などは別途書くとして、
この(貸与制)奨学金は本当に「名前だけでいう」と、響きが良い。

「学びを奨めるためのお金」だから!

 

しかし、フタを開けると、
「単なる借金」で、
この(貸与制)奨学金が払えないという人が多いというオチ。

ましてや、多くの場合、借りた金額が大きい。

払えない場合は、督促が届くも、
就職に苦労している人は支払い自体も大変という流れ。

支払いができなくなると、保証人に督促が届き、
最悪の場合、
家族全体で債務整理や自己破産などを引き起こす。

(「そこまでして大学進学したいのか!?」という
ツッコミはあるが、別途書くことにする。)

 

「(貸与制)奨学金」と「ローン」の違いを大雑把に述べると

・卒業し就職してから返済を始める
・多くの場合、親の保証人が必要(保証機関という選択もあり)
・審査が一般のローンよりラク

である。

細かいことは別にして、だいたいそんな違い。

 

結局、大学進学して卒業して欲しいために、
審査も甘くなるというロジックである。

(「払えなくなって中退」よりも
ずっと大学側はありがたいはず。)

 

ということで、もう一度言おう。

「『(貸与制)奨学金』を『学資ローン』に名称変更しろ!」

と。