起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「京王ライナー」座席指定ライナー券は「高いか?」「安いか?」

先日、京王ライナーに初めて乗って自宅へ帰った。

この電車だが、
2月のダイヤ改正時に新しく運行開始したものである。
運行時間は、毎日20時以降に、
新宿駅〜京王八王子(橋本)駅までの区間で運行されている。

 

f:id:enjoy-eagle:20181014105238j:plain

こちらが京王ライナーです!



 

この電車に乗るには
電車代以外に、ライナー券400円を購入する必要がある。

ふと乗って思ったのは、
果たして「400円は高いのか安いのか?」

もちろん個人の価値観になる部分であるが、
ちょっとここで、計算してみた。

 

計算の前提条件

・電車の仕様は ウィキペティア参照
・通常運行時は1278名が定員(座席438名+立席840名)
・ライナーとしての運行時は438名が定員(座席のみで、立席は基本ない)
・ライナー券は400円
・電車代は280円とする(新宿〜府中、分倍河原)

 

(1)京王ライナー定員まで乗ったら

ライナー券 438名×400円=175,200円
電車代   438名×280円=122,640円
合計 297,840円

 

(2)通常運行時、定員となった場合

電車代 1278名×280円=357,840円

 

(3)通常運行時の最大売上金をライナーの定員数で割ると・・・

357,840円÷438名=816.98円

一人当たりおよそ817円である。

 

こうして見ると、今回の価格設定は安く、
側から見ると、京王ライナーは損しとるやんと思う。

しかし、今回の場合は京王ライナー「増発」なので、
すべてのダイヤで満員となったら、
(1)の約10倍の売り上げとなる。

 

ちなみに、京王ライナーの特徴は

・全席指定席(駅員が車内点検)
・電源コンセント標準装備
・KEIO Wi-Fi装備(通信速度が遅いという説)

である。
乗って感じたのは、立っている人がいないということから、
まったりして乗れるのが大きく、優越感に浸れる。

 

今は新宿駅発のみだが、
需要が増えたら、勝手な予想だが
高尾山口行きとか、逆に橋本、京王八王子、高尾山口発や、
都営新宿線直通の
京王ライナーが出るんでは?という可能性も考えられる。

 

しかし残念なのは、
JR中央線のライナー系、小田急ロマンスカー、西武レッドアロー号と
比べると、通常電車と共用していることもあり、
見た目が見劣りしやすい。

というのが私の印象である。

 

もしあなたが、京王線ユーザーで、
京王永山駅、府中駅より遠くに住んでいる方は
ぜひ一度話のネタに使ってみることをオススメする。
(上記記載駅より近い方は、通過駅です・・・)

京王ライナーのHP
https://www.keio.co.jp/zasekishitei/index.html