起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

私が写真関係のコミュニティに所属していない理由

理由は簡単
しがらみや余計な束縛が苦手だからである。

写真関係ではあらゆるコミュニティや団体がある。
レベルもピンからキリまで。

 

所属しない理由は、コミュニティに参加して

「定期的なイベントに参加することが義務」
など言われたり、
「あらゆるルールをつけ、縛られる」
と、この時点で距離を置きたくなる。

あとは、
長年在籍しているなど、年功序列的なしがらみがあると、
ドン引き確定w

 

そもそも

「年数が長い=写真スキルが高い」という「公式は存在しない」

 

そういう人は、
思い切り「ヴァカ!」と心の中で叫びたくなるほど。

 

本来、写真は自由に楽しく表現するものなのに、
こういう余計な束縛やしがらみによって、
楽しむことがだんだんとできなくなる。

 

ちなみに、私がコミュニティに属する最低条件は

・価値観をお互い理解している
・作品の良し悪しを論じず、相互向上が見込める

以上2つである。

 

いまは、
Nikonの写真クラブである、ニッコールクラブに入っているが、
支部には一切所属していない。
ここでは、2ヶ月に1回の会報誌や、
プロカメラマンの作品添削などがある。

もちろん、
プロ組織団体所属カメラマンからの
添削指導は大歓迎である。
彼らは基本、本質を見ているはずだから。

 

あと、技術向上について、
クラブイベントはもちろんだが、
あらゆる機会で学ぶことが可能である。

プロ団体に属していない人でも、
実際に写真の技術力が優れている人や、
ビジネスセンスの高い人は数多い。

目的に合わせて学ぶ場所を選べばいいのである。

変なアマチュアカメラマンと技術面でやりとりしても、
レベルアップはしない。
レベルアップしたければ、本当に優れているカメラマンと関わること。

これに尽きる。