起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

これをやると「1円も売れない」営業・集客手段の大きな落とし穴とは?

「営業集客の手段を間違うと、
どんな素晴らしいサービスも簡単に売れなくなります!」

 

要するに、内部で矛盾した営業集客をしていることが
売れない原因。

私もそうだが、個人事業だと、
案外そういうヴァカ営業が見受けられる。
(大企業の場合はまずないでしょう・・・)

選ぶ媒体の間違いはさることながら、
ターゲット違いなども簡単に売れなくなる。

そんな中、今回は集客手段(ツール)について、お伝えする。

 

<営業集客の手段について>

営業集客の手段(ツール)について列記すると。

・名刺
・チラシ
・パンフレット
・セルフマガジン
・ブログ
・ホームページ
・メール、メッセンジャー
(メールマガジン、ステップメール、ダイレクトメール含む)
・LINE@
・ネット広告(検索エンジン、ソーシャルなど)
・無料紙、タウンページ、新聞広告
など・・・

が現在、主だっている集客手段である。

ここであなたに質問します!

「あなたはインターネット使って営業集客しますか?」

この質問によって大きく2つに分かれる。
(*シンプルに「はい」「いいえ」の二択です)

 

<あったら良いツールは何か?>

さっきの質問に基づいて、次のように分かれる。

 

インターネットを使う場合

・名刺
・ブログ
・ホームページ
・メール、メッセンジャー
(メールマガジン、ステップメール、ダイレクトメール含む)
・LINE@
・ネット広告

 

インターネットを使わず、オフラインで営業する場合

・名刺
・チラシ
・パンフレット
・セルフマガジン
・無料紙、タウンページ、新聞広告

と2パターンに分かれる。

 

要するにインターネットを使う場合は、
インターネットで発信するためのツールを揃える。

使わない場合は、
紙媒体をメインとしたツールを揃える。

この前提を間違うと「単なるヴァカ集客」になる。

ちなみに、名刺については、
オフラインで相手と会う際は必須ツールである。

また、これらのツールは絶対にすべて用意しようではなく、
それぞれの事情に合わせて「ここから必要ツールを決める」ことである。

 

<ブログも単なる「一つの手段」>

よく私も、
「ブログはやった方がいい」「毎日更新した方がいい」
と言っているが、
あくまでも営業集客の「一つの手段」である。
ただ、全員がやらなくていい。

自己中心的にいうと、
「別にやらなかったからといって、私にとって何も心を痛めることがない。」

これに尽きる。
ネット集客する予定のない人は、ブログではなく、
オフラインツールの整備をした方がずっと効率的である。

 

<具体的なヴァカ集客例>

私も過去に近いことをやっていたが、
具体的なヴァカ集客を一つシェアします。

 

「初心者のためのパソコン教室」の集客を
「インターネットで行う」という愚業。

 

理由は簡単。
そもそも、初心者のためのパソコン教室は、
「パソコンを使いこなせていない人」がターゲットのはず。
インターネットを使いこなせていない状況で、ネット集客は現実的に困難。
(スマホだとしても難しいでしょう・・・)

この場合はオフライン用の集客媒体がメインとなる。

 

もしあなたが、
今の営業集客ツールを使う際は、前提から確認して使うこと。
これを間違うだけで売上の違いが顕著に出るはずです。

ぜひ営業集客ツール整備の参考に〜^^