起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

実際にあった、怪しいヴァカ業者などの営業電話

直接営業電話が来るヴァカ業者は、
ほとんどが怪しいと思うのが一番。
多くの場合は、
名簿売買業者からリスト入手しての営業電話である。

業態的には、
資格商法系、投資不動産業系、金融商品系、SEO業者系がほとんど。

こういうまともなルートとは思えない輩に良い営業はまずない。

たとえばSEO業者なら、まずはあなたの会社が
「SEOのメインキーワードで一番になっている」ことであって、
普通に電話営業はありえない。

 

いまでは、出た電話番号から検索エンジンで探すと、
どこの業者か一目でわかる場合がほとんど。

断り方は数多いが、
私の場合、名簿入手による営業電話の場合は、
「関心ないんで、名簿のリストから削除しておいてください!」
と言って即決終了する。
そもそも正当なルートで入手していない個人情報だから。

 

あと、他にあった営業電話について2つほど。
どっちも手口は「資料が届きましたか?」という、
うさん臭さ満点のアプローチである。

(1)謎の電話が携帯にやって来た。具体的なやりとりはこちら

業「お世話になっております。◎◎ですが」
私「何のご用件でしょうか?」
業「前に資料請求されたの届きましたでしょうか?」
私「いえ、届いていないのですが、何処に送ったんでしょうか?」
業「え? 西◎条南◎丁目(*北海道の住所)に送ったのですが?」
私「今は東京在住なのですが・・・」
業「そうですか」
ガチャンと切った
しゅ〜りょ〜!ジャ〜ン!(ドラの音)

リストを使った電話はいいけど、
住所データとっても古すぎますから!残念!!

 

(2)もう一件の電話営業の手口

業「◎◎ですが、送った資料は届きましたか?」
私「届いてませんが、何で送りましたか?」
業「普通郵便で送りましたが」
私「じゃあ、郵便事故ですね。改めて簡易書留で私宛に送ってください。」
と返答して電話は終わった。
しゅ〜りょ〜!ジャ〜ン!(ドラの音)

簡易書留だと、受領印が必要になるので、すぐわかるわけだが、
そのまま送られずに終わった事もあった・・・。
当然、住所は教えてません。
送ったという以上は住所知っているはずだから。
ここも完璧な怪しい業者でした。詰めが甘いっす。

 

たまにワン切り(?)で着信履歴が届くが、
全く聞いたことない会社名などは、いまは調べることができる。

まともな業者だったら、経路を明確に説明できるし、
むしろ当方からデータ提供している反響営業が基本である。

こういうヴァカ業者には注意しましょう。