起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

相手に何かを伝える際「専門用語や業界用語はタブー」である。その理由とは?

第三者が
「専門用語や業界用語を知っているという可能性は
ほとんど皆無」だから。

ヴォケとは言わないが、
まずは「そこに発信者は気づけ!」と言いたい。

 

まず、ブログなど記事を発信の際、
専門用語や業界用語はタブーである!

 

ブログでよく
ビジネスの関係記事を投稿すると良いと言われている。
しかし、記事を投稿したからといって

「絶対売れるわけではない。」

これは事実である。
読みにくかったり、わかりにくい内容では簡単に去っていく。

 

記事を投稿し、相手に発信する際よく言われるのは
「一人の人に伝える」ように書くこと。

そして、子供に伝えるというイメージで文章を書くこと。

販売ページ(いわゆるランディングページ)でも同様である。

*ターゲットが同業者であるなら、
こういう専門用語や業界用語は大いに使ってください。

 

わかりやすい文章を書くというポイントの一つで

「専門用語や業界用語を使わない」がある。

細かい説明するよりも実例を出します。

 

まずダメな文章例を一つ。
カメラマンということもあるので、写真を例にします。

 

写真撮影する時、背景をボカすには、
被写界深度を開放にして浅くしましょう!

 

・・・この内容で意味がわかった方!!
おそらく同業者以外でわかった方は少ないかと思います。

そもそもカメラマン以外で被写界深度という言葉は
使わないでしょう。

では、これを少しだけわかりやすく変えてみます。

 

写真撮影する時、背景をボカすには、
デジタル一眼レフカメラのF値(開放値)の数字を
最少に(小さく)しましょう!

 

もちろん、これでもカメラ自体分かっていない人には
わかりにくいかもしれないが、
使い方に触れているという意味では、わかりやすいかと思います。

 

「業界用語や専門用語を使いまくる」というのは、
自分自身や同業系は知っていても、全く知らない人にとっては、

「チョー意味わかんなーい!」

と感想を抱いてページを去って行きます。

もし思い当たる節がある方はご注意を・・・。