起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

「すみません」が口ぐせの傾向を持っているのは、一定数存在する

「すみません」という言葉だが、
お詫びに使うのが本来の使い方である。

 

しかし、普段からやたらと多く使う人がいる。
これによって、一部の方から逆に不快感を買っているのも事実の模様。

私もその一人であるが、まずはお詫び申し上げると同時に、
気をつけようと思う。

だがここで、あえて述べたい。

 

「すみません」が口癖の傾向を持っている人は、
約3分の1存在するという事実を・・・。

 

しかし、どんなに当事者が気をつけても解決しない。
そういう口癖の傾向を持っている人が
「一定数いる」ということだけ、ご理解頂きたい。

 

この情報を知っている理由は、こちらのサイトをご覧いただきたい。

バースデイサイエンス研究所
http://www.birthdayscience.com/index.html

実際、ここで
セミナーを受講したことによって傾向を知ったからである。

関心のある人は、当該記事で細かいことは省くとして
「タイプ診断」をぜひクリックして、
あなたの傾向を知っていただきたい。

そうすると
「人柄タイプ」「直感タイプ」「結果タイプ」と
大きく3つに分かれる。

 

細かいことは上記ページをご覧になると早いが、
先述の「すみません」は人柄タイプに起こりやすい傾向なので、
特にご注意を。
(少し深く知りたいという方は、書籍も出ているのでぜひご購入を。)

実は「人柄タイプ」に限らず、
「直感タイプ」「結果タイプ」それぞれ口癖などがあって、
同時に不快感を買ってしまう行動言動が存在する。

思い当たる節のある方は意識して気をつけると同時に、
何卒ご容赦願いたい・・・

 

(*ずっと「傾向」と書いたのは、
「同じタイプでも全員が全員そうではない」という意味で、
上記リンク先のサイトにもお詫びが掲載している。)