起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

「『資格』と『売上』は全く別物である!」その理由は?

資格は持っておいて良いが、
売上になると、違うスキルになるので全く直結しない!

 

そこを理解しないと売上はいつまでたっても上がらない。

 

世間では、あらゆる資格がある。

公的(公的に近い知名度が高いも含む)な資格
(弁護士、社会保険労務士、中小企業診断士など)

から

私的な資格(◎◎協会認定セラピストなど)

まで様々である。
先に言っておくが、いわゆる資格商法の悪徳業者のものはすべてクズ。

基本は「相応の知識を持っていた上に資格が与えられる」ので、
問題はない。

 

しかし、資格持ったら売上につながるかというと・・・

「それだけでは、まったく繋がらない!!」

要は別物である。

 

もしあなたが

「◎◎の資格持ったから、あとは順風満帆!!」

と左うちわで扇ぎながら能天気極めたヴァカ発言

をしているなら、大切なポイントを伝えよう。

 

「資格取ってからが本番」だってことを。

 

少しでも、まともな認定組織なら、それくらい言っているはず。
言っていない組織なら、とっとと離れた方が早い。

 

「いやそれは違う」というヴォケた人もいるので、もっと言おう。

 

もし違うというなら

「弁護士など、いわゆる知名度の高い士業になった全員が
すでに経営が成り立っている!」

と言っているのと同じ。

 

違うたとえでいうなら・・・

「招き猫を置いただけで何もしないで売上アップする!」

と妄想抱いているようなもの。

 

要は「空前絶後の超絶妄想」にかられているだけ。
実際、弁護士や医者ですら、
数年規模で時間かけて資格を取得するけど、
成果が出ている人と出ていない人に分かれる。

そんな現実なのに、民間の知名度のない資格なんざ、
もう蚊帳の外だって。

 

資格取ったら、あとは知識を磨くのは当たり前田のクラッカーで、
何を提供できるのかや強みなど、相応の経営知識が必要なんだって。

 

資格を取るとき、
何のために取るのか?ということを常に意識しておかないと、
単なるコレクターで終わるで。

以上