起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

FAXしか手続きできない公共施設は、住民サービス無視したヴァカの極みである

地方公共施設を借りるのに、
FAXのみの手続きは時代遅れである!

 

いまだに「FAXでやりとりするのがが基本」という、
原始時代の発想をしている行政がいる模様である。

特に公共施設の会議室などを借りるときである。

公共施設を借りるときは、
基本来訪、即金払するを前提としているが、
あらゆる事情(地方外利用者など)から
来訪が難しいというケースが多い。

この際、メールや電話などの手段は有効である。

しかし、
「原始時代の発想をしている行政」は
そういうことは頭にないようで・・・

「FAXでお願いします!」とドヤで言われることもある。

 

いや、今の時代に合わせて
せめてメールなど対応可能範囲広げようよ・・・

 

・・・で、行政内部ではメール基本でしょ!?
決裁文書も手書きでもらっているとか言わないよね!?
パソコンで作成しているはずだよね!?

なのに庶民に対しては、
まさかFAX基本で、それ以外は受け付けませんって!?

あんたヴァッカー!?

 

内部の合理化もいいけど、
行政サービスに対する利用する側の合理化も進めよう!!

そういう時の手続きや支払い方法を用意すればいいんだから。
(自動キャンセル規定など含む)

もしFAXのみでやっているという行政は、早急に変えるべきである。

 

利用者のあなたへ
万一そういうヴァカな施設に出くわしたら、
コンビニFAXやパソコンなどでFAXを送るという方法があるので、
(不本意という気持ちもあるかもしれんが)そちらを使ってください・・・