起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「なぜ生命保険の営業セールスは嫌われるのか?」と「7つの回避法」

「生命保険を無理やり勧誘される」という第一印象を受けるから

この一点である。

 

私も1年4ヶ月ほど生命保険の営業をやったことあるが、
基本は当然のごとく「断り文句」から始まる。

なので、断り文句を返す方法などを会社内で学ぶが、
結局ロープレやっても、実地になるとロープレ通りにならない。

なので
「お仕着せ的なロープレほど無意味なものはない」
と言っているし、私の持論。

 

・そもそも「見込み客」と「セールス」は立体交差から始まる

まあ、突然保険会社の方が登場しても・・・
見込み客側からいうと「自分のペース」というのがある。

なので、ペースを乱されるのは困る。
そもそも、自分のペースを維持したいというのが基本仕様。
(*自分のペースといっても、早い遅いという意味ではない)

なので
「邪魔はいらん」「必要な時にお願いしたい」
というのが根本心理。

でもって自分のペースを乱す相手は、敵となり嫌うのである。

私も営業きたら断るけど、
私の断りの意味は「マジにいらんし話聞くヒマはない」という意味。
(断るとあれだこれだと言ってくる人いるが、余計に拒絶反応が強くなります)

 

しかし、保険会社やセールス側は逆に
「そんなもん知るか、とにかく売れ!」という考え方が
ほぼ全員では?と。
(「違う」というご意見を頂くだろうけど、ほとんどの人はキレイごとの理由)

相互会社だろうと、株式会社だろうと、外資系だろうと、
表向きのキレイ事はいくらでも言えるが、
結局は利益を出して、会社を維持することが前提。

「あなたを守ります!」といっても、
結局セールスが辞めたりすると、守るという言葉が詭弁と化する。
(「今後違う担当者が対応します」というが、優先順位は低くなるのは容易に想像できる)

 

結局はそもそも
「お客様の考え」と「保険会社・セールス側の考え」は立体交差している。
これをどう違和感なくスムーズに埋められるかが保険セールスの腕である。
立体交差が埋まって無事に契約したら、
「良い買い物した」という感想に変わる。

しかし、そういう営業ができるセールスは
私の知っている中でもおそらく数名の世界だろう。
と勝手に思うし、
保険について相談する相手はすでに決めている。

 

 

・生命保険営業アプローチ「4つの手口」

 

・自社アンケートを使った方法

保険セールスが、プレゼント付きのアンケート用紙を持って伺う
というエサ釣り的な方法もあるが、これも曲者。

「保険の営業に使いませんので」と言葉巧みに言うが、
見込み客データに登録される。

そして、営業に使わないと言いながら、結局使うのである。
要するにウソ。

 

・しがない異業種交流会の場

保険営業が思い切り目を光らせていて、
名刺交換したら、数日以内には営業電話しまくる。

うちも数年続いてしぶとく電話する人がいるが、
うっとうしいので着信拒否している。

 

・保険会社入社前

リストアップ名簿を作らされ、
スタートはリストアップ名簿を使って片っ端から営業していく。

 

・職場(職域)担当

最近はセキュリティの関係上減っているが、
これは地道に信用作りから。

 

代表的な方法4つを挙げた。
基本会社は「人と会うのが仕事」だというが、あくまでも表向き。
本音は「保険を勧める」ことである。
ノルマというものがある限り、それ以上でもそれ以下でもない。

 

・7つ(+3つ?)の断り文句と相手の予想される動き

ここでセールスがきた時の断り文句を、少しアレンジして使ってみよう。
基本は相手に反論を与えさせないことがポイントです。
*本当かウソかというのは流石に調べないだろうけど、自己責任で行うこと

 

・知り合いに保険営業の人いるんで

よくあるが、相手は手慣れているので返される。
「MDRT入っていて良い保険勧める人がいるんで」とか、
「同じ会社に勤めている人いる」など、言い方を進化させると引く可能性あり

 

・家族が保険会社の営業やってるんで

最大限身内(親、配偶者)にすると、相手は引く可能性大

 

・病気だから(現在、過去関係なく)

過去はある程度まで通じたが、最近この理由は通用しないケース多発中
(「引受緩和保険」を勧められる可能性あり)
「入院予定あるもので・・・」と言って逃げるのはあり

 

・お金ないから

よくある断り文句なので、
ここは「自己破産申請中」など、思い切り借金しているという演技はありかと。
普通は引くであろう。

 

・時間がないから

よくある断り文句なので、
これからアポで出るからと言って、その場から去り、あとはスルー
名刺も断ろう。

 

・執拗に電話で営業してくる

着信拒否が一番

 

・アンケートの依頼があった

「どうせ保険営業に使うんでしょ?」と言って断る。
*「使わないです」と言ったら「じゃあアンケートする必要ないですね」と言って却下しよう

 

ここから3つはネタとしてご覧ください。

・服装ボロボロ、貧相な表情で迎える

暗い人には誰も近寄らないはずなので、引く可能性は高い。
応用編として、
白装束に、頭はハチマキ巻いて、ろうそくをつけると効果倍増(爆)

 

・背中にタトゥー入れた(刺青彫った)もので(・・・とウソをつく)

引く可能性高いが、不穏なウワサが流れても責任は持てません
(基本タトゥー、刺青は加入が困難)

 

・頭がハゲて光ってるので

これは無理です。引きません(爆)

 

ラスト3つは別にして、
ぜひ参考にして、不要なセールスで時間を費やすのは避けましょう!