起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「ふざけているお客様」はうちの写真撮影利用しないで下さい

簡単に言うと、
「いい加減な人はお断り」という間接的メッセージである。

 

写真撮影だが、今は「前払制」にしているが、
前は「当日払」としていた。
その背景には、過去にふざけたヴァカ人間が2人ほどいた。

 

一人は打ち合わせして撮影かと思ったら、
「予定が入った」と言って白紙撤回され、後日違う人に撮影。

もう一人は、
打ち合わせと同時に、どうしても至急での撮影をしたいと言う方。
(うちは打ち合わせして後日撮影のスタイル)
数回説明しても一切理解されず。

 

ということで、お客様の質向上を図るため、
今は前払制にして、
支払方法を「銀行振込」「クレジットカード」と、選択肢を2つにした。

 

この方法だと一般的には、
支払の請求を送ったらすぐに対応できるはずである。

これで遅れるという想定は一切予想できないし、あり得ない。
仮にキャンセルするならその旨連絡すれば良いから。

 

とはいえ、逆に

「撮影終了後や、納品してから払うのが筋では?」

という反論もあるが、私はやらない。

 

過去の実績をご覧いただくと早いが、実際に申し込んでいる人がいるし、
お客様の声も頂戴している。

仮に私が悪い(代金持ち逃げなど)ことをしたら、
当然実績はもちろん、お客様の声はありえない。

それどころか、
ソーシャル上でクレームの山になるし、世間から村八分状態になって、
私自身のビジネスはここで終了となる。

もう一つは、
特に貸会議室借りる際は、前払制となっているが、
これは代金の立替となる。
それだけでも大きい負担となる。

 

他に、当日現金払や納品終了後の支払は
「釣り銭がないという問題」や
「相手がヘタにゴネて支払わない」というリスク
も予想できる。

要するに
「当日現金のやり取りは最低限に済ます」
「ゴネ得のやり方は認めない」
というスタンスである。

 

余談だが、
過去に数回、会場や撮影場所の変更による差額精算(返金)
という状況が起こった。
差額精算について、振込の場合は、直接現金精算
クレジットカードの場合は、一部返金処理という扱いで行なっている。

 

決済時、クレジットカードの手数料はかかるが、これは仕方なし。
むしろ手数料相当をお客様に請求するのは、そもそも規約違反だし、
そんな数パーセント(何百円程度)ごときにガメつくレベルでもない。

 

要するに
「信用し、真剣に考えている人だけご利用ください」
という意味である。

 

これによって、
相応に申込率は減ったが、逆に利用者の質向上が図れた。
また昨年はトラブルがなかったというのが大きいこと。

 

基本的に「数回連絡しても期限通りお支払できない場合」は、
撮影日の数日前の時点で、私の方からキャンセルをする。

もし遅れる場合は、私の方に必ず
「遅れる旨といつなら都合が良いか」を連絡をして欲しい。
そうすることで多少の猶予は考えるので。

以上である。