起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

各種書類やシステムは「元号」ではなく「西暦」に変えるべし

「来年の元号決まらないと困る」という人多いけど、
今までずっと天皇陛下の崩御後に決まったんだから、
今回も5月1日発表でいいんじゃね?

 

ご存知の通り、2019年5月1日に元号が変わる。
すでに、この記事書いた時は1年切った状態である。

 

そんな中、世間で言われているのが

「元号が決まらないと困る」という愚痴。

 

こんな愚痴こぼすこと自体不思議でならないし、
自ら「私は何も対処していません」と、怠慢PRをしているようなもの。

 

理由は簡単。

「昭和」から「平成」に変わった当時は、
天皇陛下の崩御後である。

当然「◎月◎日に崩御するなど事前予告はない」わけで、
完全な突発事項。

しかし世間では、元号が変わった後、
小さいトラブルはあっただろうけど、滞りなく進んだ。
要するに・・・

「事前予告しなくても、何ら問題ないのである」

むしろ、
当時は問題ないけど、今回は問題あるという論調は想像できない。

 

もちろん、
行政はもとより、システム的な都合や、会社的都合があるかと思う。

ところが、
今回の場合でいうと「昨年からすでに騒がれている」
ことで、無知の話ではない。

 

「あとで処置すればいいから、今は問題ない」

と言ってスルーしたであろう。

 

・・・ということは結局
事前に準備するべき話で、
この時点で日付は
「元号」から「西暦」にシステム変えるなどすれば良かっただけのこと。

それやれば、駆け込み需要で
システム系が火を吹くことだって軽減されるし、ブラック騒ぎ自体も減るはず。

何もしないでおいて、
「元号が決まらないと困る」というのは、完全な怠慢。
本末転倒も甚だしい。

 

そういう駆け込みの「システム修正依頼」があったら、
システム会社は「思い切り強気の見積」をしていこう。
今年起こった引越業者の見積のように、倍額にしてもいいくらい。

 

あと、
カレンダーや手帳も「元号は印刷しない」で発行する。
でもって補填シールを用意する。
シンプルにそれだけである。

 

余談だが、行政の手続書類(定型用紙)ものは、
廃棄というのは現実的に難しいので、
おそらくゴム印で訂正されたものが出るはずである。
(行政経験者は語る)