起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

出身地北海道での「かさこ塾フェスタ」は最高でした!!

感想として

「かさこ塾を受けてなかったら、この日は存在しない!」

この一点である。

 

5月19日(土)にかさこ塾フェスタ札幌が行われたが、
この情報を知ったのは、1月の東京かさこ塾受講時である。

 

今回はスタッフとして入った理由はシンプル

「久々の札幌帰省と、カメラマンとしての知名度アップ」

である。

帰省はそのままだが、
知名度については「かさこ塾界隈」では知名度がゼロ。

ここで知名度を上げる手段として、毎日ブログを書いているが、
リアルの場で知るには「実際にリアルの活動をすること」である。

これ以上の答えはない。

でもって、写真撮影という形で関わったのである。

 

札幌へ行く前日に、パソコンのデータを整頓して、
作業できる容量を確保し、
カメラ本体も初めてのメンテナンスを行った。
そして札幌へと移動したのであった。

 

当日、スタッフとして参加したものの、
フェスタ参加者側でもカメラマンが数名撮影していた。
中には大きなレンズで撮影している人までいて、
正直な話、心の中で疑問や葛藤が出ていた。

「これだったら公式いらないじゃん」と思うくらい。

しかし、ここでいきなり
本音ぶつけるのも本意ではない。

フェスタ終了した翌日まで、いろいろと雑談していた中、
少し冷静に考えた答えは・・・

 

「撮影は、それぞれ考える視点が異なるから、まぁいいか」

 

という答え。

まず最重要は
「スタッフ撮影担当として、指示のあった撮影概要をこなす」こと。

次に、
「普段の持ち味を発揮する」写真撮影。
これは唯一、すべてのカメラマンが異なる。
私は私で「動きを感じる写真」をシンプルに行うだけ。

もちろん
他のカメラマンがどんな考え方で撮影したのかは知らないし、知る気もない。
少なくても写真撮影は、撮影者個人の価値観が出やすいので、
そこまで考えること自体無意味である。

 

そして、写真データは
「気に入っていただいた方は、ぜひお使いください!」
と思った。
そう思う方が気がラクである。

*別で有料撮影もしていることから、
公平性の観点から「縮小サイズ提供、URL(FBタグ付け)必須」としています。

 

あと、この日はセルフマガジンを用意した。
当日は100部(別途スタッフ分持込)別送で用意し、
どれだけ持っていくかちょっと心配だったが、
最終的に半分近く受け取っていたようでした。

おそらく、
今後「セルフマガジンを作る人にとっての参考」で
持って行ったことでしょう。
Illustrator使用し、自作で「ここまでできる」という視点で、
見ていただけるとありがたいです。
(バージョンアップは検討開始しています)

ただ、ビジネス的な目的でいうと、そもそも「東京と札幌」なので、
フィールドの違いから持っていく人は少ないと感じた。
ましてやカメラマンは出張撮影だから。

とはいえ、セルフマガジンを
「20部送って欲しい」(郵送)という方がいらっしゃったので、
それだけで本当に感謝です!

 

こうしてフェスタが終わり、
打ち上げは楽しく盛り上がったのでありました。
その後二次会などがあらゆるところで行われたが、
昔の友人と会う約束していたのと、今回の写真撮影データ納品作業を優先し、
ホテルに帰った後、集中して作業をしました。

おかげさまで、即日納品を維持しました!

 

主催者、スタッフ、出展者本当にありがとうございます!
そして天候の悪い中いらした来客のあなたにもありがとうございます!
スタッフの一人として御礼申し上げます。

 

*今回撮影した写真はこちらをご覧ください

enjoy-eagle.net