起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

「日大アメフト部」部員は会見見て問題と感じたら「一斉退部しろ」

正直言って、今回のプレーを見ていないし、
記者会見を完全に見ていないので細かいことはノーコメ。

なので、言いたいことはシンプルにする。

 

昨日の会見で、言えることは、
もし監督・コーチの言った内容が、
「真っ当ではない」「単なる矛盾や自己保身」と思うなら
「部員は一斉に退部しろ!」と言いたい。

それが部員ができる反論手段であり、部の実態でもある。

ここで部員が多く去ったら、完全に監督、コーチの問題
部員の去った人数が少なかったら、やり方よりも部員側の問題

が高いと予想される。

 

少なくても部員は今回の会見を聞いたはずである。
要するにその会見を聞いて、
監督やコーチの人間性を身近に知っている。
それぞれの部員たちがどう思ったか?

パワハラ的なやり方したのかどうかなど。

シンプルにそれだけである。

 

この考え方の元を書くと、

職場でもふざけた職場があったとして、
「遵法スト」で戦う
(最近はどっかのビバレッジ会社がやっていたな・・・)
という方法もあるが、
会社に大ダメージを与える最強の方法は

「社員は一斉に休むこと」

この一点である。
(もちろんやり方など、合法的に行うこと)

これを行うと、会社の機能は簡単に停止する。
その状況下で上層部が
反省どころか改善の意思がないのは、
末期状態で、いっそのこと会社解散したほうがずっと良い。