起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「フィルムとデジタル写真」やっていることは違うようで同じである

フィルムとデジタル写真、
違うように見えて、やっていることは同じである。

 

一見するとフィルムとデジタル写真、
「全くやっていることは違う、異次元的な話」と思いがちである。

 

違うことといったら、シンプルに2つ

フィルムから印画紙に出力するか、
パソコンから印画紙に出すかデータ化ができることである。

少し具体的にいうと
フィルムだと、基本お店に出してプリントするが、
データだと、基本あなた自身で作業する。

という違いだけである。

 

では、なぜ同じかというと

 

・フィルムの場合

基本「ネガフィルム」で撮影する

フィルムを「お店に出す」

現像機を使い、
補正を加え、印画紙にプリントする

プリントとして納品する

 

・デジタルの場合

基本「メモリカード」(SDなど)で撮影する

データを「パソコンに取り込む」

現像ソフト(Lightroomなど)を使い、
補正を加え、画像データ化(JPEGなど)する
(*デジタル一眼、ミラーレスで、RAWデータ撮影の場合)

画像データとして納品する

 

という流れである。

 

2つの流れを読むと早いが、
単純に「言葉を入れ替えているだけ」のシンプルさである。

 

ネガフィルム世代の方はご存知であるが、
プリント時、(相応に)キレイな写真になっているのをご覧になったことでしょう。

実は多くの場合、プリント段階で補正されてます!

なので、ネガフィルムからのプリントの際、
お店によってはプリントの出来具合が大きく異なります。

デジタルでは、このネガフィルムのやり方を
すべて自分自身で作業しているだけ。

とってもシンプルである。

 

あと、撮り方についても、フィルムとデジタルどっちも同じである。
ピント合わせから、構図など、
基本を抑えることが重要であり、本質部分である。

 

これらを知ると、撮影は意外とラクで、
私がカメラマンとして「何もなかったかのように復活した」のは、
写真の本質部分を知ったからである。