起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

商業出版(印刷物)で著者になった方がステータスがずっと高い理由

商業出版(印刷物)は誰でも販売できないが、
電子出版は、ぶっちゃけある程度のページ書ければ、
誰でも販売が可能だから。

 

確かにどっちも著者であるが
商業出版は重みを感じるが、
電子出版の方は、何の重みを感じない。

最近、電子出版で本を作る人が多くなったが、
ハッキリ言って
電子出版だけの著者には、全く関心がない。

 

なので、
商業出版(印刷物)で出版した著者と比べたら、
月とアリ(スッポンより低い)レベルだと思っている。

 

あと商業出版だと、
基本出版社で検討し、認められているものを販売し、
印刷物として残る。

もちろん原稿から発売までのコストも膨大なので、
誰でも出版できるわけではなく、値段も相応の金額となる。

電子出版だと、
何百円どころか、無料で販売しているというものもある。
作成する手間は大変なのはわかるが、
作成から発売までのコストは知れている範囲。
これで著者だと名乗るのは、悪いけど愚の骨頂。
どうせなら、商業出版でやってほしい。

 

商業出版している著者は、電子出版のみの著者と比べ、
世間的にも信用のステータスが大きく違うように感じる。

そんなことを思った。