起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「北海道物産展」とは大違い、「地元販売」は北海道のイメージを変えてしまう

都内の百貨店で行う「北海道物産展」は、
地元と同じレベルを求めること自体無謀である。

 

私は北海道出身で、現在は都内在住である。

そんな中、
年に数回、都内の百貨店では
「北海道物産展」ということでイベントを開催している。

もちろん、
ここでは北海道独自の商品が取り揃えられていて、
タイミング見て遊びに出向く。

 

まず、
パッケージものの商品(お菓子など)については、
どういう購入経路を取っても、問題はない。

ここで違いが出やすいのは、
その場で作る「海産類」のお弁当である。

 

北海道だと、
「海産物てんこ盛り」というイメージが強いようである。
たとえば、
札幌にある飲食店系の海味はちきょうだと、こんな感じ。

f:id:enjoy-eagle:20180923133953j:plain
f:id:enjoy-eagle:20180923133957j:plain
ホッケは丸ごと、刺身もとっても肉厚です!!

 

さらに極めつけは、いくらどっさりの「つっこみ飯」
「いくら何でも・・・」といわんばかりのシーンをご覧ください。

 

これ見ると、
北海道は「海産物てんこ盛り」というイメージになってもおかしくないです。
確かに「地元」からすると、これが普通にそうだから。

 

では、都内百貨店の「北海道物産展」というと、
どうしても、そこまでできないのである。
(もちろんできるギリギリのラインは追求していると思う)

 

どちらかというと北海道物産展は
「北海道の魅力を楽しむ入り口」というレベルで見るとかなりラクです。

 

こういうイベントって、ウラでは百貨店のマージンが関わるので、
どうしても利益率を考えざるを得ない。

輸送コスト、材料費など・・・

ましてや海産物だと、北海道の漁場から送付となると、
余計に輸送コストが高いと思われる。

そんなことから、海産物のお弁当は、
地元出身者から見ると、やむを得ない部分である。
(「海産物てんこ盛り」を求めるというのは、無謀の極み。
見つけたらラッキーと思うくらいが一番!)

 

もし、北海道を思い切り満喫したいのであれば、
ぜひ北海道へ行くことをお勧めする。