起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

Facebookで「お手伝い」をお願いするなら日給は考えろ!

アルバイトや日雇いの場合は最低時給は「法律厳守」になるが、
そこまでいかない、いわゆる「お手伝い」の募集も、
Facebookはじめソーシャルメディアなどでお願いする際まず考えよう。

 

先日ある方の「お手伝い」募集の書き込みを見つけた。
大きく内容を書くと、次のとおり・・・

・拘束時間 11h (休憩時間不明)
・日給 8,000円
・交通費込か別か明記せず
・場所(最寄駅)の明記なし

これをシンプルに考える。
まず拘束時間中の休憩時間を1.5時間だとする。
→実勤時間 9.5時間

8,000円に対して、
実勤時間 9.5時間を割って時給算定すると・・・
「842円」である。

 

上記金額は、
普通に都内の最低時給(2017.10.1現在 958円)以下。
この時点で、お手伝いの募集以前に「アウト!」

お手伝いを依頼するのは、
個人レベルでよくあるケースだが、
もしFacebookはじめ、ソーシャル上に載せる際、
必ず不特定多数が見ている。

なので、公然と出す際は、
募集者の考え方と相手の扱いが垣間見えてしまう。

まず「時給ベース」から考えて出さないと、意外と見ているのでご注意を。