起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

名刺作る際、多くの人がやってしまう「6大改善点」 〜代々木かさこ塾名刺ダメ出し会にて〜

見づらい名刺や、
仕事の内容がわからない名刺はシュレッダーされる!

 

かさこ塾ではセルフブランディングについて
知名度をアップするために
あらゆるツールのノウハウを提供されます。

そんな中、
代表的なものの一つ「名刺」があり、
3回目は名刺のダメ出し会(フィードバック会)でした。

流れとしては、
「1つの名刺を短時間でフィードバックする」という内容。

考える余裕は一切なく進みます。

私も個別にフィードバックしましたが、
そんな中、複数の方がやっていた中、
気がついたのを6つほど

 

・QRコード小さくて認識できない

認識できないQRコードは単なるムダ
(実際にカメラでスキャンしたが、結構多かったです)

 

・SSL対応しているブログはURLも直す

http://    https://

昨今ではSSL対応が迫られております。
運営元の状況を確認し、
すでに対応済みの場合はURLを修正しましょう!
(無料ブログも、ほとんど対応しています!)

 

・プロフィール写真は仕事やってる風

プロフィール写真がないのは論外。
仕事やっている風がベスト。
もしあなたが、複数のビジネスをやっている場合は、
正面(身分証明書調)か、代表的なビジネスをやっている風が良い。

 

・資格表記は小さくても良い

重要なのは、見る側は「あなたは何の仕事やってるのか?」を知りたい。
なので資格表記は小さくするか、削る。
またはプロフィールに混ぜておくのもあり。
同時に資格を記載する際は
あなたのやっているビジネスに繋がるものだけで十分。
つながりのないのは無理に入れなくて良い。

 

・文字が小さすぎる

情報を詰め込みたい気持ちもわかるが、
シンプルに要点のみで十分。
これだけでも文字の大きさを変えることが可能。

 

・デザインと文字が重なって見づらい

デザインを凝らすのは良いことだが、
肝心の文字情報が見えなかったら意味がない。

 

 

以上が私の感じたことです。
名刺は自分自身は良い構成だと思っていても、
第三者の目で見ると違う視点なので、かなり新鮮です。

 

そんなことを思いつつ、
今後の名刺作成に役立てようと感じたのでありました。