起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「セミナー資料」親切心でも「無断シェア」は一発アウト!

先日こういう書き込み(一部抜粋)を見かけた。

「セミナー資料を全部写真に撮ってシェアします」

これ、親切心だと思ってやっているのは文面から容易に察した。

 

しかし「セミナー資料は、安易にアップしない」ほうがいい。
たとえ、「無断転載複製禁止」という表記がなかったにしても。

 

セミナー資料はもちろんだが、プレゼンの内容など、
これらはすべて「著作権」「知的財産権」などが絡んでいる。

 

なぜ公開することが問題かというと、
資料の中身は、
あらゆる知識情報(いわゆるノウハウ、ドゥハウなど)が詰め込まれているのである。
場合によっては
口外してはならない内容も混ざっている可能性もある。

 

もちろん、
主催者の許可があるなら別だし、掲載の条件があるならそれを厳守する。

表紙だけなら主催者側から言ってくる可能性は低いが、
資料の中身になると要注意である。

たとえ「クローズドのコミュニティ」であっても、
「著作権」「知的財産権」などは絡むので、
クローズドであっても、主催者側の許可を必ずもらってからシェアすること。

 

私もよく「講演会」や「セミナー撮影」するが、
確認する一つが「プレゼンや資料の撮影」についてである。

「完全NG」というケースもあれば、「一部NG」という場合や、
「プレゼン全体が入っていなかったらセーフ」など、あらゆる条件がある。

 

許可のないままネットで公開してしまうと、
場合によっては後悔してしまうので、ぜひご注意を。