起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

私の写真撮影は「返金保証」をしない3つの理由とリスク

基本、私の写真撮影では
「技術的理由による返金保証」はしてません!
(もちろん私の重大過失発生の場合は別ですが・・・)

 

返金しない理由は次の3つ

・写真の技術レベルについて価値観の違いは避けられない
・そもそも撮影段階でビジネスが始まっているし、撮影した時点で労力が伴っている
・著作物としての写真使用権も含む(基本無期限)

以上3つである。

 

とはいえ、
「作品がわからないと判断できない」というあなたのために、
事前に過去の作品を見てから判断を頂いている。

まず、プロフィール写真など撮影の申込があった際は、
撮影レベルとして過去の作品をご覧いただき、
事前に電話にて、確認兼ねたヒアリングを行う。
その後に撮影可否の判断を行う。
(他の撮影など重なったという日程的な却下は別にして)

可能と判断してから、代金支払の件についてお話をするので、
そもそも「押し売り」と言われることはまずありません。

要するに撮影受けた際は
私の方では「責任を持って対応します」という意思表示である。

おかげさまで今は、利用者の意識が向上したのと同時に、
いい加減で意識の低い方の申込が激減した。
これは大きなことである。

その陰では、セールスコピーライターの力もすごいと感じている。

 

よくある「返金保証」だが、
「成約率アップのためのオファー」としてよく使われる。

しかし私は、返金保証は行わない

実はこのオファー、大きなリスクも絡む。
それは、
使い方次第では、レベルの低い客層が出てくる可能性が高い。

サービス提供しておきながら、最後は返金要求するなど、
ひどいケースだと、モンスターカスタマー的に
あれだこれだと文句を言い放ってお金を返させる手口も。

写真の場合だとなおさらのこと、そういうリスクは高まるかと。

そのため、
もし返金保証を行う際は、必ず「返金条件を付ける」ことを勧める。
もちろん、条件については、
念のため弁護士などのリーガルチェックを行うとより良いかと思う。