起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

写真撮影でビジネス始めるには、まず必要最低限の装備から始めよう!

理由は簡単。
レンズの購入といっても、安い買い物ではない。
ハイグレードなレンズだと高くなる。
(新品で車が買えるレベルのレンズもある)

そのため、
レンズを買い揃えてからビジネスという方法は、時間がかかる。

 

もしあなたが、ビジネスを立ち上げるなら、
最低でも「デジタル一眼レフのレンズセット」
を用意するだけで十分。

買い揃えていくのはそれからでも遅くない。

 

先に、
私の商売道具である写真撮影についてちょっとだけ。

現在、持っているデジタル一眼レフは
Nikon D7200の1台(メモリカード2枚対応)

レンズは
・18-140mm f3.5-5.6
・18-300mm f3.5-5.6
の2本

あと、
ストロボ(スピードライト)が1台
カメラバッグが2個ある。

 

しかしながら、
「本体は2台持った方がいい」という意見も多くある。
今後法人などの重要な依頼を受けるというなら、2台持ちは必須条件である。

 

とはいえ、本体も値段はそこそこ高いので、
もう一台は必要になったら買うなり、レンタルなどで用意するのが一番である。

そして撮影時にカメラレンズのレンタルがあるので、
まずはレンタルを使うという手段が有効である。

 

ただし、本体を買わず、
本体、交換レンズをすべてレンタルというのは、
決してオススメしない。

万一借りれなかった際
収拾つかない事態になることもあるから。

 

ぶっちゃけ、クライアントは
「レンタルのデジタル一眼レフカメラ」かどうかは無関心である。
気にするのは「あなたの撮影技能」これ一点に尽きる。

 

私の場合は、
基本個人事業、起業家向けへのプロフィール写真、
あとはイベント、セミナー、講演会撮影がメインである。

そうなると、必要なのは決まってきて、
機動性を確保するため、本体とズームレンズ、あとはスピードライトである。

さらにはレンズを取り替えるというロスタイムを軽減することから
高倍率ズームを使っている。

 

そして、ビジネスとして立ち上げた際は、
まずは信用実績作りをしきましょう。

 

ちなみに、撮影技能自体ないという方は、
NikonやCanonなどで撮影セミナーなどもあるので、
まずは初級者対象のところから学ぶと良い。

 これに尽きるかと思う。