起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

久々にITのカリスマと再会し、プロが語るオススメのドローンについて語る

昨日、前々からお世話になっている
ITのカリスマである山本さんと荻窪で偶然に再会しました!

 

まず山本さんはどんな方か・・・?

株式会社ドリームハイブの代表で、
主に中小企業ターゲットに
ITコンサルとWordPress全般のサポートなどを手がけている会社です。

特にWordPressの知識については、ハンパないほど詳しい方で、
お会いしてお話ししていて、引き出しの多さにビックリしております^^

 

彼は年に数回セミナー開催しております!
最近では実際にドローンを保有しており、行政の飛行許可を取っています。

 

そんなことで、ITのサポートについて雑談!

・・・というと、
話の内容が、レベルが高くマニアック過ぎて記事にならないので割愛(笑

 

ちょっと話題を変えて、
最近話題の「ドローン」について雑談していました^^

 

そんな中、お話を聞いて感じたこととして
「初心者レベルでドローンをやる方法」

ただし、ケースによっては各種許可など必要なことから、
こちらは「目安」として捉えて欲しい。

 

・ドローンについて(特徴)

基本、リモコンと本体があり、ラジコン的に操作し、
上空から撮影(動画・スチルとも)できるという代物である。
(最近はスマホがリモコンとなり、WiFiなどで電波を飛ばすというやり方)

本体重量が軽いほど、風にあおられやすい
(屋内は基本OKだが、軽過ぎるドローンはエアコンでも煽られる可能性あり)

重量200g以上は航空法による許可が必要
(それ以下だと許可不要。
もし買うときに許可に関し疑問が残るなら、店頭購入がベスト。)

 

・本体値段

もちろんピンキリになるが、
手軽に始めたいのなら「1〜2万円クラス」が良い。

1万円未満で買えるレベルの商品もあるが、
「風であおられやすい」のと、「バッテリー持続時間」の兼ね合いから
オススメはできないという話。

 

たとえばこんな感じの商品など。

【国内正規品】 Ryze トイドローン Tello Powered by DJI
 

 

この商品は初心者用としては大変評判高く、至るところで話題になっている。
もちろん許可不要なので誰でも買える。

むしろ、使いこなせるようになると
宣材動画(写真)としてはかなりの武器になるでしょう。

購入時は本体のみで十分であるが、
バッテリー持ちで心配ならバッテリーだけ追加というのはありかと。

実際、ドローン使いこなせる人はまだ少ないのが現状だから。

 

ここで利用頻度が高く、
操作も慣れてきて、本格的にやりたいのなら
「10〜20万円クラス」がおすすめ。

もし、更に本格的にやりたいという方は、
本体価格が100万円以上というのもある。
しかし、間違いなく許可が必要なレベルの大型機となるため
やりたい方は利用許可を取って、購入してください・・・。

 

 

・ドローンを使う場所

目的にもよるが、大きくはこれらの場所

・民家や事務所などの屋内、屋外私有地エリア
・公園
・平地、丘などの屋外(草原など)

がメインであると予想される。
共通して言えることは次の3点

・必要な許可を取る
・不明な場合は管理者に確認する
・他人(関係者以外)を巻き込まない程度に行う

こんなところです。

 

話を聞いて、ドローンやりたくなりました^^
(これマジで^^)