起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

交流目的だけのチャットを作るのを止めよう! 〜チャットワークのプラン改悪について思うこと〜

先月、2018年7月18日から、
チャットワークにてフリープランの内容が改悪された。

もちろん有料プラン使用者は問題ないが、
フリー(無料)プランをやっている人にとって、
「これは締め出しだ!」と言われても何らおかしくない改定内容である。

 

具体的にはチャットワークのサイトをご覧になると早いが・・・

フリープランの変更の内容を簡単に書くと

旧:「最大14個」のグループチャット参加が可能
新:「累計14個」のグループチャット参加が可能

ということ。

この累計数が曲者で、
累計数のカウントは「チャットワーク登録時から」の数なので、
長いユーザーほどこれに引っかかるのである。
これによって、新たにチャットが立ち上がっても
「参加したくても参加できない」という事態に陥る。

 

回避法としては、
別なメールアドレスでダブルアカウントという方法があるも、
管理が面倒なため、あまりオススメしない。

そのため「月400円の有料プランに乗り換える」か、
「アカウントを削除して新たに立ち上げる」のどっちかが良いかと。

無料プランは、
「あまり活用していないユーザーにとっては便利」であるが、
こういう一方的締め付けなやり方には疑問が残る。

 

ここで、新たにチャットグループを立ち上げるという管理者に言いたい。
「チャットワークでのグループ立ち上げはやらない方がいい」と。

理由はシンプル、
ユーザーによっては「参加したくても参加できない」という事態に陥るから。
これによって、ビジネスのやり取りができなくなるのは本末転倒である。

まして参加できない上に、
管理者は「有料プラン入ってください」というのは
あまりにもお役所的な態度で、無責任かつふざけている。
傷口に塩を塗って、更に海に入れと言っているようなものである。

 

そんなこと言う前に
「誰でも参加しやすい形で用意するのが筋じゃねぇの?」と言いたい。

いまではFacebookやslackはじめ、
グループ(チャット)作れるところがあるので、そっちの方を使った方がずっと良い。

 

ふと思ったことだが、本当に悪いことは言わない。

管理者は、チャットワークではない手段での交流ツールを用意した方が
ずっと利用者のためになるということを。