起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「モニター価格」でセミナー行うなら「バックエンド商品」は販売するべからず

「モニター価格」としてセミナーを行うなら、
バックエンドは売ってはいけないし、無意味である!

 

私が過去に、セミナー主催として何度か関わって感じたことである。

セミナー開催の際、告知をしたが、
その中に書いてあったのが「モニター価格(参加費)◎◎円」という表記。

実はとあるセミナーで
権威の方のお話しをしてから、「バックエンド商品を販売する」
という流れで行なったが、結果的には売れなかった。

むしろ、今言えるのは「売れなくて当然の結果」だった。

 

理由は簡単
「参加者はモニターとして参加しているから」
この一言に尽きるし、話の流れにスムーズさがない。

 

「プレセミナー」「ミニセミナー」というならわかるが、
「モニター」というのは、
セミナー内容の検証や評価をメインとしているわけで、
「バックエンドを出すこと自体、すでに間違い」である。

もっというなら、
「アンケート必須」で行わないと意味がない。

結局、商品販路を広げるにもこれでは広がらない、
自己中心的な企画である。

 

もしやるなら、バックエンドなしでセミナーを行うか、
バックエンドつけるなら、
モニターという言い方ではなく「プレセミナー」として名前をつけるべし。

ぜひ参考までに。