起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

実力、知名度が上がるも、写真を止めました 〜写真撮影を始めたきっかけ2〜

実績を作ると同時に、あらゆる写真のサークルにも加入した。

・全日本写真連盟十勝支部
・女性写真専門サークル(いまは解散したので名称は割愛)
・キャノンクラブ十勝支部(なぜか加入)

北部方面隊美術展での特選も2回となり、
もしここで特選を3回受賞すると「無審査」ということで、
無条件で出展という資格が与えられるレベルであった。

 

地元での知名度が一気に上がってきて、
十勝管内の有力アマチュアカメラマンだけが推薦、
出展できる写真展に参加することもできた。

 

機材購入も増えてきて、ハイグレードな機材やレンズも購入していた。
今でいう「レンズ沼」という沼にはまったのである。

 

しかし、ここで問題が徐々に直面してきた。

それは「維持費」の問題。

どんなに機材やレンズを購入しても、公務員という職業から、
写真としての収入は得られず、
給料(安月給)とボーナスだけで維持するという流れ。

 

写真は当時ネガフィルムであり、撮影会に参加すると、現像代はじめ
コンテストなど応募すると必ず大判(四つ切りや全紙)プリントしたり、
額装したりと費用がかかる。
また、サークルで写真集を出すということで、さらに負担が増えていく。

ネガフィルムも趣味で一度撮影会に参加すると、
最低36枚撮りフィルム5本以上は撮影する。

また機材購入も、当時は現金ではなくローン購入がほとんど。

 

結果、無計画がたたり借金が増え、1996年、任意整理に入った。
同時に所有機材は全部売却し、ローンの支払いへ充てることに。

こうして、写真撮影の趣味は続行不能となった・・・。

機材は一切持っていないので、
関係していたカメラ店も一気に距離を置くことになったのである。