起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

格安携帯業者(格安SIM)を私は使わない6つの理由

そういや、ここ最近は
政府が携帯電話の料金を4割下げられるという発言から、
物議が出ている模様。

私はdocomoユーザーである。
確かに携帯料金は高いけど、逆に安心料というのはある。
とはいえ、せめて4割と言わずに、3割は下げて欲しいのが本音である。

 

ところで最近、
よく出てきている格安携帯業者(格安SIM)についてだが、
はっきりいって私は使わないし、使う気もない。

ここで、私が格安携帯業者を使わない理由として6つほど挙げる。

 

・通信回線が不安定では?

格安携帯業者は、大手の回線を借りて運営しているが、
利用者数が多く、借りている回線の通信量が多いと
自然にネット速度が低下する。
それに比べ大手は災害時など、大きなことがない限りまずない。
(要は「本家に有利」)

 

・運営会社の信用

言葉は悪いが、どれも所詮鳴り物入りの会社。
もし破綻したらどうなるのか?
破綻と同時に、通信が途絶えてしまったら意味がない。

 

・携帯後払いが使える

大手キャリアは、何らかの買い物した際、携帯電話代金と一緒に後払いが可能。
docomoだとAmazonも使えるので、ちょっとした買い物は便利である。
(使いすぎて自爆しない程度に使ってます)

 

・ちょっとしたクーポンが使える

大手キャリアだと、カフェなどで
無料サービスや割引やサイズアップクーポンなどがある。
これらは、ちょっとだけだがありがたい。

 

・クレジットカード決済のみが多い

これは会社のやり方によるが、クレジットカード決済のみというのが多い。
諸事情で使えない人のことを考えると不便。

 

・困った時のサポート体制

格安携帯会社だと、何かあった時のサポートが手薄になりがち。
地域差が出るのではと。

大手キャリアだと、
必ずショップがあるので、そこでサポートが受けられる。
(時間がかかるのは致し方ない)

 

 

大きくはそんなところであるが、気になるところとして、
仮に4割下げたとしたら、下げた分を
格安携帯業者の回線貸出料金を値上げとかそういうセコい手を使われないかである。

それはそれで本末転倒である。

儲けることは悪くないが、
儲かった分は、契約者に還元できるようにして欲しいところでる。