起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

マナーの守らない喫煙者がいるから世間から追い出される

徐々にタバコの代金も上がっているが、
なぜ値上げのターゲットになるのか?

 

一つの真実を申し上げよう。

それは「ルールやマナーを守らないから」

 

ルールやマナーを守らない人が多いために、
値上げになって反対しても嫌煙者の手によって却下される。

正直は話、私は相手がタバコを吸うのは自由。
しかし、ルールやマナーが悪いのは大嫌い。

たとえば、喫煙禁止地帯で堂々と喫煙したり、歩きタバコ、
喫煙エリア定められているはずなのに、外で吸う。

そして路上にポイ捨てし、注意されたら逆ギレ。
ひどいのは、義務を果たさずに権利だけ主張する。

こんな喫煙者だったら、値上げされて当然。

もちろん、ルールやマナーが守られている喫煙者もいるが、
見ている範囲では、ほとんどが守られていない。

ここで喫煙者から聞く反論をいくつか。

 

・「税金多く払っているんだ」

確かだけど、それはルールやマナーと何も関係ないし、別物。

 

・「喫煙エリア狭くてある意味拷問」

そんなこと言われても、ルールやマナーを逸脱しろという理由にならない。
イヤなら吸わないという選択をすればいい。

 

・「吸うのも休憩の一つ」

最近世間でいろいろ出ているが、休憩時間だけに吸う限りは問題ない。
ただ、随時自分の都合で離席し喫煙するのは疑問で、
そうするなら吸わない人にも同等の対応をすべし。

 

・「喫煙室の清掃は下っ端が行う」

公務員当時、喫煙室の清掃というのもあったが、
はっきりいって吸わない人が清掃する理由は存在しない。
これは上下関係の問題ではない。
私の場合は、喫煙者に清掃させたし、後輩にもそう伝えた。

 

喫煙者がそういう意味不明な反論するから、嫌煙者から嫌われる上に、
タバコ代がどんどんと値上げしていくんだよと言いたい。

逆にルールやマナーを守ったほうが、少しは「共存」という選択が生まれるのでは?
そんな気がする。