起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「目標」のはずが、実は「願望」だったと気付いた時

振り返り記事だが、
この履き違いはかなり多い気がすると思うのでシェア。

私もこうしてビジネス活動しているが、
毎回感じるのは「願望」と「目標」は違う。

「願望」は漠然としているが、
「目標」は期限を決めて動く。

私の場合ビジネスの売上について今年初めは

「年間売上◎◎万円をクリアすること!」

目標にしていた。

 

しかし、日を追うごとに何か違う気がした。
目標とした場合、さらに上の願望というのが存在するが、
「一体願望は何なのか?」が不明だった。

 

その後学びを続け、あるきっかけで気が付いたことは、

「いまのよしだにとって、
目標に見えたが、実は願望に属するもの」

だったと同時に。

「知名度をアップさせることで、売上はこれについてくるもの。」
(=ファン作り)

に気がついた。
無知な限りは売上はついてこない。

 

ここで突き詰めると、
次は「知名度アップの手段は何か?」が出てくる。
もちろん「売上に繋がる可能性のある手段」として。

今やっている手段は主に次の3つ

・名刺やセルフマガジン配布
・ブログ発信
・ボランティア撮影(無料だが、やり方は慎重さを要する)

である。
他に手段はあるが、今思いつくのはこれだけ。

今年は特にこれに注力している気がする。
だから、ボランティア撮影や、東北地方や北海道に行くんだと。

 

実はこれに気が付いたきっかけは、
ラジオ番組で言っていたカーリング女子のある選手の言葉(要点のみ抜粋)

「表彰台の真ん中を目指して、取り組んでるチームが殆どだと思います。
私たちも、もちろんそうなのですが、
目標ではなく結果なので、私たちの目標は、
私たち史上最高のパフォーマンスをオリンピックで更新すること。」

MY OLYMPICより
https://www.tfm.co.jp/myolympic/index.php?catid=3359&itemid=138320

この一言であった。
もちろん、相応の深い意味はあると思うが、
私が捉えたのは「売上目標は、実は結果だった」ということ。

気がついて、早速やり方を変え
「目標は、あらゆる媒体を使い、知名度アップを最大限行う」
ことにした。

おかげでスピードは遅いが、徐々に構築されている気がする。
この影響なのか、
リピーターや、紹介の案件依頼も増え、半数以上がそうである。

紹介があるということは信用があるという証。
とはいえ、オーバーワークをする気はない。
オーバーワークによってクオリティや納期に影響を与え、
信用を落とすのは痛いこと。

もちろん結果は今年終わるまでわからないが、逆に気が楽になった。

とにかくまずは「知名度アップと実績を作る。」
それだけでは片手落ちなので、
経営スキルや技術力アップも行ったり、必要な装備品の増強も入る。

これによって、
事故投資・・・自己投資も行える。

そんなことを思いながら、3日間、学びに入ったのであった。