起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

計画運休で思う、運休アナウンスのタイミング

先週日曜日、都内では台風があり、
倒木などあらゆる影響が台風明けの翌日まで残った。

そんな中、今回の計画運休について、いろんな意見が出た。

 

率直に感じたのは、改善の余地はまだあるが、
「運休予告から運休については妥当なアナウンス」だと感じる。

 

理由は簡単

「最大限の情報を収集した結果でのアナウンスだった」から

 

ネット上では「もっと早くできなかったのか?」という意見があったようだが、
これについては「そういうヴァカな人がいるからできない」というが答え。

 

逆に早くアナウンスしておきながら、台風の移動が外れた場合、

「何だよ、台風逸れたじゃん。何で電車動かさなかったんだよ!」

など、そういうこと言う輩に限って文句をグダグダ言う。

 

公共交通機関(バス・タクシーも含む)は安全第一である。
地震や天災などは基本運行中止(不可)理由としているが、
要は「ヘタに動かして人命に影響を及ぼす事態になるのを避ける」からである。

勘違いしている人多いが、
あくまでも「お客様第一」ではない「安全第一」である。

 

台風が来るというのは、事前に情報入っているんだから、
外部に八つ当たりする前に、まずは「自分自身で考えて行動しろ」と言いたい。

頭の中に脳みそが入っているんなら考えられるはず。
カニみそだったら別だけど・・・

 

今回の計画運休は妥当な判断だが、惜しいのは、
翌日も計画運休(本数減)などで復旧対処を優先すべきだと感じた。

 

今後、計画運休という風潮が強くなると思うが、
会社なら自由出勤(休み含む)や、
プライベートなら組んだ予定を中止するなどの対応含み、
事前対応は必要だと感じる次第である。