起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

東日本大震災の影響で、福島第一原発事故による帰宅困難区域 〜かさこ塾大船渡フェスタの帰り〜

先月、かさこ塾大船渡フェスタだった。
フェスタ終わり、帰りは塾生の車で茨城県守谷市まで帰り、
つくばエキスプレスで移動する予定だった。

やっぱり今でも忘れられないので、
気持ちの整理を含めブログに残すことにした。

 

フェスタ終わって、一関駅経由し、帰宅することに。
途中、高速入りドライバー交代で私が運転することに。

(*運転前に1日自動車保険加入しているので、他人の自動車も問題なし)

 

運転し、途中常磐自動車道に入った。

移動途中、数キロごとに出てくるのは、放射線量の看板。
南相馬へ近づくにつれ、放射線量が増えていた。

途中、
南相馬〜常磐富岡IC間が、工事のため夜間通行止めだったので、一般道へ。
約30キロの国道6号線迂回ルートだった。

 

南相馬ICで降り、国道へ出る途中見たものは・・・

「帰宅困難区域」という看板とバリケード。

 

バリケードの先はご存知の通り、
東日本大震災による福島原発事故の影響で
帰宅困難となったエリアである。

 

*詳細はこちらにて
避難指示区域の状況 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ

 

南相馬IC出てすぐ、
1箇所だけゲートがあり、門番がいた。
そこは許可証がないと入れないゲートである。

 

この看板を見た時、ここから内側は入れないというのと同時に、
切なさを感じた。

言葉に出せない切なさ。

夜に通行したこともあり、暗さが一層引き立った・・・
場所柄も重なり、すごく静かだった。

 

そして国道6号線に入り、しばらく走行。
車の量もやたら少ないように感じた。

「これが福島第一原発の爪跡なのか・・・」

そう思いながら、
切なさと空しさを胸に秘めたまま、ひたすら移動した。
他で唯一覚えていたのは「福島第二原発」交差点の信号機だった。

これ以上の言葉はなかった。

 

写真は運転中&帰りの時間を気にしながらの移動だったので撮影せず。
国道移動中も、帰宅困難区域による関係看板が至る所で見かけた。

 

こうして思うのは、真の意味での復興はまだまだだと。
しかし、協力できることは微力ながらでもやっていこう。

そう思いながら帰宅困難区域を後にして、
常磐富岡ICに入り、茨城県入ったところまで運転し、交代した。

 

時間は終電超えだったので、この日は守谷市ではなく、
つくば市内の仮眠施設のある温泉で休み、
翌日帰宅したのであった。