起業家の後方支援「プロフィールカメラマン」「電子書籍著者」よしだひろふみブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いております。

公私混同するも、プライベートや行動まで束縛される理由はどこにもない!

公使を混同するにも、
プライベートまで干渉される筋合いはどこにもない!

 

先日、かさこさんのブログで見つけた記事より

友達の私生活に干渉し、支配しようとする他者と自分との境界線を引けない人たち
https://kasakoblog.exblog.jp/27590936/ 

 

実際、この体験を味わったということもあり、
シェアせずにはいられなかった。

私の場合は友達ではなく、職場の人間だった。

 

公務員として就職し数年、先輩は約3年先輩だった。
そして、同じ年に転入で入ってきた先輩がいた。

実際彼らにそういうことを食らった。

はじめは、食事など一緒に行かされたりしたが、
徐々に私の生活を一方的に介入し干渉されることに。

もちろん、私が指示したわけではないし、不快感だらけ。
上司は黙認。

 

どんどんと干渉の度合いが酷くなり、
ボーナスの使途まで干渉され、職場内の行動の一挙一動までうるさくなった。

さらには、プライベートの自転車をいたずらで隠され、
私が第三者に相談したら、
今度は家(宿舎)まで押しかけ、揉み消しするまでになった。

 

そういうことを行うので、こっちも対抗手段で巧妙に仕組むも、見つけたらパワハラ。

だんだんと私は自由もなく身動きできなくなり、ストレスもピークに。

 

そんなこともあり、平成5年7月からうつ状態になり、
8月に半年間入院となった。
(当時は発達障害というのは未診断)

退院後は一気に静かになった。

結局、他者と自分の境界線を引けない人たちだった。
皮肉にも、
そういう輩が今では上位階級にいること自体ふざけているが・・・

 

今の私を見ている人にとっては、
当時の私は「完全に死相が出ていた」といわれても
おかしくないレベルの状態だったほどです。

 

本音は就職したんだから
「あんたらに干渉される筋合いはないし、理由もない」の一言。
もちろん、責任が伴うというのは大前提。

 

・・・しかし、それを認めさせないという環境だった。

 

「職場にいる以上は組織の人として、仕事に従事する。」

これは当然のこと。

 

しかし、

「仕事場から出たら単なる個人」

単なる個人になると、職場の人間だろうと干渉される権利はない。

 

これを理解しないで、
公私混同し、相手のプライベートや行動を束縛する輩は人間ではない、
単なるクズである!

これが私の言いたいこと。