起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

今年のNコン課題曲はここ数年と比べて難しい曲である! 〜中学校の部課題曲〜

「なんちゃってNコンジャーナリスト」のよしだです。

 

本日は、今年のNコン課題曲について感じたことです。

 

まず、Nコンについては3つの部がある。
今回話題にする
中学校の部は基本三部(ソプラノ、アルト、男声)である。

これ以外に、
小学校の部は二部(女声、男声)
高校生の部は四部(ソプラノ、アルト、テノール、バス)

 

という構成でコンクールを行う。
コンクールは地方予選から始まり、地方予選の優勝学校が、
全国大会へと進むシステム。

 

このコンクール、
毎年、注目を浴びるのが「中学校の部」である。

中学校の部はここ数年、
アーティストの曲を合唱版にし、課題曲として提供している。

 

しかし、
ここ最近の課題曲は「とりあえず合唱曲作った」感が満載で、
聴いていてショボく、残念感満載だった。
(昨年は「これはないなー」の気分だった)

 

ところが、今年の課題曲は違った!

私の中では、
アンジェラアキ「手紙 〜拝啓、十五の君へ〜」に次ぐほどの上出来!
です!

 

2018年の課題曲は、Superflyの「Gifts」である。
(10/10 シングルCDリリース)

 

 

・「オリジナル」と「合唱曲」両方聴いて思ったこと

全体的に、三部のクロス(かけ合い)が今までより多い気がした。
なので、もし間違うと全体がガタガタになるが、これがすぐバレる構成。

また毎年共通だけど、今回は目立って
1番の部分はそんなに難しくないが、2番の後半から難易度が上がっていた。

今年の課題曲は、ここ数年と比べても難易度高いように感じた。

 

・・・Nコン終わったけど、これからも歌う学校は出るでしょう(笑
ぜひ心に響く、素晴らしい合唱をして欲しいと思う。

ということで、合唱版とオリジナル版の動画をシェアする。 

 

youtu.be

 

youtu.be

 

(「なんちゃってNコンジャーナリスト」よしだの自己紹介)

過去、合唱経験があり、
中学校2〜3年の時、Nコンにも参加したことあります。
当時はガチの合唱曲で、パートはアルトパートでした(爆)
*理由は変声期が遅く、高音が出ていたためです

20代に入って、混声合唱団や、男声合唱団などに参加していたが、
技術至上主義でやっている合唱団の違和感を感じ、今は無所属。