起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

懇親会や飲み会など、主催者は「後付け請求は慎み、関係者に伝えよう!」

「懇親会など、飲み会で支払がある際、必ず金額を明記する。」

これは基本であるが、時々起こることが・・・

 

「プレゼントなどの購入代金で、当日になっていきなり参加者に負担を求める」
というパターン

 

こういうプレゼントなどのサプライズは、多くは500〜1,000円程度の負担だが、
参加者側は趣旨がわかれば、ほとんどOKするはず。

しかし、こういう負担について「事前に言ってほしい」のが本音である!

 

参加者の中には「手持ちのお金は最低限」という考え方もいる。

 

そんな中、飲み代相当だけ財布に入れていて、
当日突然プレゼント代などで請求されると・・・

「お金持ってねぇよ!!」

となり、心の中で「ふざけんなよ!」という気持ちが働く。
そして、コンビニなどのATMに慌てて駆け込む痛い人になってしまう。

 

近くにATMがあるならまだ救い。
地方(いわゆる田舎)になると、
ATM自体が遠い場所だったり、なかったり(取扱時間外)する。

 

そういうと必ず、

「少額だから問題ない」とか「みみっちいことで騒ぐな」

という反論もあるだろうけど、少額だからという問題ではない。
「別途負担は伝えた方がお互いラクでは」というシンプルなことを行うべきである。

突発事項ほど、混乱を与えるものはないんだから。

 

サプライズ(プレゼント)だとしても、対象者以外に個別連絡はできるはず。
これを考えない主催者は、計画力のなさを露呈している。

また、これを行うことで、ドタバタせずに
「当日はスマートに集金を済ます」ということもできる。

 

主催者はぜひ、ここまで考えてやって欲しいところである。