起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

あなたのプレゼンテーション「もったいない」ことしていませんか? 〜鶴見かさこ塾再受講にて〜

昨日は鶴見かさこ塾の再受講でした!

かさこ塾ラストは「3分間プレゼンテーション」ということで、
受講生が好きなことやビジネスなどを披露する場である。

とはいえ、プレゼンテーション大会というより、
「好きを仕事に」というキャッチフレーズの通り、いかに「好き」を伝えるか?

が大きいポイントかと思う。

 

f:id:enjoy-eagle:20181103091851j:plain

鶴見かさこ塾にて

 

先に今回のプレゼンで、ちょっと気になった点を列記するが、
これらはかさこ塾に限らないことと思います。

全体的に感じたのは「もったいない!!」という方が多かったように感じた。

ということで、いくつか挙げます。

 

・文字の小さいスライドを出した方が数名いた

スライド作成時点で小さいのは、見る側にとって関心が減る。
この時点で改善できると、かなり見やすく、伝わるのではないかと感じた。
特にセミナー講師やっている人は要注意!

 

・「ここに所属しています」という「所属団体」は自己紹介だけで十分

スライドで出しても、結局「ふーん」で終わる。
仮に権威性を出したとしても、あなたの実力がどうなのかが注目点。

 

・ビフォーアフター写真について

キャプションは必需です!
どっちが使用前、使用後か、表示しないと意味がない。

 

・プレゼンスライド作れ

パワーポイントで作った気がする資料があったが、これはもったいない!
見やすかったので、ぜひスライドに出そう!

 

・資料(チラシ)出せ

ラストに「関心ある方は資料お渡ししますのでおっしゃってください」
ということだが、これは機会損失になる!
資料(チラシ)は、先に出して問題ない場所では堂々と出そう!

・資料配布部数不足

これ結構多い。
事前に調べておいて、参加人数ジャストで作成するのではなく、
必要部数の10%増しで用意しておこう!

 

・タイトルがベタ過ぎる

事情や背景はわかるが、タイトルは重要!
中身のスライド作成後でも十分間に合うので、ラストまで考えて欲しかった。

 

以上がもったいないと感じた点である。

私もフィードバックシートに書いたが、伝える内容が限られるので、
ここで少し具体的にしました。

 

 

とはいえ、実際プレゼンテーションを聞き、撮影して感じたのは、
本当に好きなことを仕事にしているというのが伝わっていました!

中には「まだ模索中」という方もいたが、
この塾をきっかけに更に飛躍していこうと感じいた方もいたので、
とっても素晴らしかったと思いました。

 

受講生のみなさんお疲れ様でした!
次は再受講の際、フィードバックはバシバシとやってください!(笑

また素晴らしいプレゼンテーションありがとうございました。