起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

3年で100件以上撮影した、あるプロフィールカメラマンの告白

大前提として
そもそも第三者からあなたにカメラ向けられて
「緊張しない」という人は、まずいない。

 

デジタル一眼レフ系のカメラだとなおさらだが、
コンパクトデジカメでも同じ。

スマートフォンのカメラ機能だと、少し違うかもしれんが、
結局は緊張というのは当たり前である。

 

理由は簡単で、結局「第三者」だから。
親子兄弟姉妹など、緊張しないことが多いのは、逆に身内だから。

 

 

相手は緊張することが普通という中、
「いかにして相手を緊張せずに写真を撮るか」というのは、
カメラマンはじめ、私でも至上命題である。

 

私が使う方法として、代表的なのは、
「他愛のない会話やビジネスの会話」である。

 

雑談しながら撮影していくと、少し緊張がほぐれる。
また、雑談しながら時々ダジャレやくだらないネタなども入れる。

こうして余計な緊張を減らして撮影する。

 

他にも声の掛け方についても考えること多いが、
使わない言葉は
「緊張しないでください!」「リラックスしてください!」
である。

この言葉は、基本逆効果である。
撮影される本人も「そんなもん知っとるわ!」と感じるでしょう。

 

まずは相手を観察し、どんなことしていると緊張ほぐせるか?
を見抜くことである。

これができると、対人の撮影も少しは楽しめるでしょう^^

 

ぜひご参考に。