起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「特定できる事実」がない限り「推測」の域であり、立証できない

ソーシャルメディアやブログで怖いのは、過激な発言である。

先日から、ある界隈で揉め合いが起こっている。

 

どっちも言いたいのはわかるけど、冷静にいうと、

「固有名詞がない限り、誰かは特定できない。」

関係当事者の内輪に近い人ほど「推測しやすい」が、
遠くなると、外から見ている人は「推測すらできない」。

 

ただし、
あくまでも「推測」だから、「事実」ではない

推測するのは簡単。
私も元公務員だったので言えるが、基本根拠がないと何も意味をなさない。

今回の場合でいうと、固有名詞が出ていたというのがあったら真実だが、
当然固有名詞が出ていないので、今回の場合は「推測」になる。

 

戦いたいのなら自由だけど、
仮に持ち込んでも「確定的な証拠」がない限り勝てんでしょう。

 

「メールやメッセージのログがある」という反論もあるだろう。

しかし、メールやメッセージログは
「当事者のみのことであり、不特定多数は知らないこと」である。

 

私も過去に、
簡易裁判や、大企業にクレームぶつけたことあるけど、
すべて「裏どりがあって戦える」こと。

いわゆるモンスタークレーマーみたいに
不条理なクレームをぶつけるのとは全く違う。

あくまでも「裏どりからクレームを行う」スタンスだから。

なかったら不利になるし、
もっというなら、負け戦に突っ込む気はないのが私の考え。

 

ソーシャルメディアやブログは、基本「不特定多数」である。
なので「不特定多数」が見にいく。

ここで固有名詞が書いてあったら流石にアウト。
しかし書いてない限りは基本セーフ。

 

もし
「これ私のこと!?」と思い、騒ぐということは
「私、思い当たる節ある」ということを認めているようなものである。

 

最後に
「固有名詞などなかったら何でも書いていい」
という意図でもありません。

過激な発言する際は、慎重さを要しないと、
自爆発言になりやすいので、ご注意くださいませ・・・