起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

【祝!】ボジョレー解禁前日!販売業者の評価の歴史大公開!

明日は、毎年恒例となっている
ボジョレーヌーボーの解禁日です!

解禁日である第3木曜日になったら、
コンビニ、ドンキはじめ、あらゆるところで一斉に販売されます!

そんな中、毎年恒例となっていることが一つ。

 

ここで、2018年解禁に先立ち、
ボジョレーヌーボー、過去の評価を大公開!!
(2015年までwiki調べ、2016年は検索による)

 

【販売業者らの評価】

1983年「これまでで一番強くかつ攻撃的な味」
1985年「近年にない上物」
1992年「過去2年のものよりフルーティーで、軽い」
1995年「ここ数年で一番出来が良い」
1996年「10年に1度の逸品」
1997年「まろやかで濃厚。近年まれにみるワインの出来で過去10年間でトップクラス」
1998年「例年のようにおいしく、フレッシュな口当たり」
1999年「1000年代最後の新酒ワインは近年にない出来」
2000年「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」
2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」
2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
2003年「110年ぶりの当たり年」
2004年「香りが強く中々の出来栄え」
2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」
2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
2010年「2009年と同等の出来」
2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」
2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」
2016年「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」

 

とのこと。

要するに簡単に片付けるなら・・・

 

「毎年ハズレを書くことは100%ない!!」

 

のである。
むしろ、この歴史から、美味しい順番をぜひ並べて欲しいところである(笑

 

個人的には、

「今年は最高に不味いワイン!絶対飲まないでください!!」

と書いて欲しいが、まずないであろう。

 

 

・・・てなことで、
最後に今年の評価を独断と偏見で私が行います!

 

「2018年に1度の最高の出来!!」

 

以上である。

ということで、好きな方は適当なコンビニなどでぜひ購入を。
「2018年に1度の最高の出来」であるボジョレーを。