起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

「商標登録して意志表示していない」のは「単なる石ころ」と同じである!

最近、商標登録のことで話題になっているようである。

 

基本私のスタンスとしては、明確に商標登録の意志があったもの。
(要は「◎◎は▲の登録商標です」や、「®️マーク表示」など、
何らかの意志があった場合)

については、気がつき次第、使うことを控える。

 

しかし、今に始まった事ではないが、
「意志表示をしていない登録商標」が多い。

ぶっちゃけ、何でもいいから言葉を組み合わせ、
「審査が通り、お金を払えば誰でも登録できる」からなおさらである。

 

私の中では「意志表示が不明な登録商標」については、
仮に使ってしまっても、
「登録者本人以外」からのクレームは無視する。

もちろん「登録者本人」からクレームは応じる。

 

最近では「断捨離」や「セルフブランディング」も
登録商標という話を知った。

しかし、どっちもそうであるが、
「はっきりと登録者本人が意志表示したのか?」
というと、知っている範囲ではやっていないように感じる。

やっていない以上は、
「使われても文句言わない」ことを前提にしているし、
「知らないで使われても当然」である。 

それを後出しジャンケンで
「登録商標だから使わないで下さい!」と言われる筋合いもない。

 

要は
「クレーム出す前に、お前が正せ!」ということ。
クレーム以前の問題である。

 

もしあなたが、
登録商標を出して「使って欲しくない」のであるなら、
初めから「自ら意志表示しろ」と言いたい。

それを言わないのは、
実質上の権利放棄になるし、登録商標自体も「価値のない化石」である。

 

思うのは、
登録商標って制度、本当に使うのならぜひ登録して欲しいが、
使う気がないのなら登録しないほうがずっと良いかと。