起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

案件依頼について、連絡先を集約させる理由は「お客様チェック」「返答の迅速化」である

プライベートはどういうやり取りしようと自由だが、
ビジネスの依頼はルールを守ることから始まる。
ルールを守らないのは初期段階から外すべきである!

実は私の写真撮影依頼だが、基本次のところで連絡先を限定している。

・リザストの予約申込
・問い合わせフォーム
・Facebookメッセンジャー(リピート以降)

大きくは3つである。
もちろん、証拠も残るからというのは言うまでもない。

 

最近ではLINEからの申込という手段もあるようであるが、
こちらは断っている。

理由は簡単に、私があまり使ってなく、返答に数日かかるから。
あと、LINEはプライベート的なメッセンジャー的位置付けで、
セキュリティ的に信用度低いため。

 

もう一つ電話というのがあるが、
こちらはリピート申込者限定とし、新規はお断りしている。
ただし電話での予約確定というやり方はせず、
最終的にメールなどを送り、支払いが済んだ場合である。

 

あと、直メールというのもあるが、
こちらは名刺など渡した方以外、基本非公開としている。

 

連絡先を限定する理由には、
「普段使っている連絡先の方が返答が早いから」である。

受け入れ窓口が多いと、私も作業が輻輳するのもある。

 

できる限り迅速に作業を進めたいのと、スムーズな対応をしていきたいので、
案件依頼は3箇所に留めている。

 

もしあなたが、これからビジネスを始めるなら、
「連絡手段はできる限り少なく集約すること」を勧める。
また「証拠が残る方法であること」が必要である。

 

集約することで、相手のレベルも相応にわかるというのもある。
シンプルにいうと
「お客様の日本語の読解レベルが手に取るようにわかる」のだから。

 

ここで「◎◎に連絡してください!」と仮に返答し、
これだけが理由で案件を断るというのは
完全に見下した態度をあなたにしているのだから、
そういう輩と付き合う必要はない。

ここでお客様チェックができるのである。

 

あなたもぜひ、ビジネスの依頼は連絡先を限定しましょう!