起業家の後方支援「出張専門プロフィールカメラマン」よしだひろふみの公式ブログ

こちらでは、写真や日常的なことに対して本音を書いたブログです。

式場の外部カメラマン撮影禁止に思う、結婚式場のボッタクリ手法

結婚式の式場カメラマンという、
式場が儲かるだけの意味不明な制度は即廃止すべきである!

 

結婚式場で挙式や披露宴を挙げるとき、
大切な記念といわんばかりに、式場カメラマンを必ずつけているが、
これ廃止するべきである!

強いていうなら、
「親族集合写真」「神前式」など、厳かな場だけで十分。

 

そもそも、
外部のカメラマン(参列者カメラマン含む)を呼ぶだけで、
「うちの縄張りで撮影するな!」といわんばかりに、
式場は持込料をボッタくる。

場所によって異なるが、高いところでは10万円以上するという話も。
カメラマンではなくても、機材で判定するというところもある。

 

じゃあ、式場カメラマンの技術というと・・・?

式場のスポット契約でお願いしているカメラマンで、
完成品の良し悪しは不明で、結果どうなるかわからない。
要は当たりハズレが激しいのである。

結婚式という晴れの日に、もしハズレのカメラマンで撮影されたら、
空前絶後の超絶ショックを受けるだけ。

これがまかり通っているのが結婚式場である。

 

さらには、
担当するカメラマンが式場からもらえる報酬となると、
「数万円程度(1〜3万円)」と言われている。

 

要は、持ち込み料をどっさりとボッタクリしておきながら、
もらえるカメラマンのマージンは少額。
差額は式場の利益である。

 

なので、私が思うのは
式場カメラマンというのは廃止し「新郎新婦側で自由選択」していいかと。
もちろん、新郎新婦側で式場カメラマンを依頼するならそれでいい。

しかし、外部(参列者含)のカメラマンをお願いするなら、
式場カメラマン分の撮影代金を式場側は差し引き、見積もるだけ。

そして、外部のカメラマンに対して、
意図的に禁止箇所を多くするのではなく、最低限の禁止場所のみで、
「式場側は撮影許可範囲を指定すればいい」話。
(範囲逸脱の際は、式場側は当然注意していい)

 

こんなシンプルなことができない式場が本当に多すぎる!!!

 

悪いことは言わない。
結婚式場の運営会社は、カメラマンを自由選択させよう!

以上。